• 背景色 
  • 文字サイズ 

経験者採用について


 

【提案】 10月2日受付

 

Q:定住化政策として経験者採用を増やしてはどうですか

 

 安来市職員採用試験について 安来市のホームページを見て共感したのですが、安来市では近年、消防士採用試験において職務経験者枠を設け、広く人材を募集しているみたいです。 この政策は島根県の定住化政策に少なからず寄与しており、また、即戦力の採用で経費節減効果もあり、県としても評価するべき政策だと思いました。

 

 

【回答】 10月15日回答

 

 A: 今後の定員削減、年齢構成の状況などを踏まえ、検討しています。

 

   行政の効率化、スリム化を推進する中で1000人の定員削減を進めていることから、警察官、教員、看護師などを除く一般的な行政職員の採用については、年間30名程度に抑制しています。今後、さらに500人程度の定員追加削減に取り組むこととしています。 

  現在の一般的な行政職員の年齢構成を見ると、20代が減っており、できるだけ適正な年齢構成となるよう、20代の採用に配慮していかなければならないところです。

  定員削減を行う中では、新規採用を抑制せざるを得ませんが、中途採用をすれば、新卒者の採用をさらに抑制しなければならなくなります。

 したがって、経験者の採用については、専門的職種を除き、当面は慎重に考えざるを得ませんが、今後の定員削減や職員の年齢構成の状況などを見ながら、将来的には検討する必要があると考えています。

  なお、県でも、看護師については経験者を対象とする試験を実施しています。また、獣医師、薬剤師は、受験者の年齢制限を引き上げ、実質的に経験者に対しても門戸を広げて採用試験を行っています。

(総務部人事課)

 

 

 


2007年10月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025