• 背景色 
  • 文字サイズ 

県職員の資格免許職採用の年齢制限について


 

【提案】 8月17日受付

 

  Q:県職員の資格免許職採用の年齢制限を撤廃してください

 

 県職員の採用について、年齢制限を設定されていることは不合理です。

 特に、資格免許職については、いろいろな事情で高校卒業後社会に出た後に取得した資格である場合もあります。

 それが、30歳未満しか対象とされないということは、国の再チャレンジ政策とも相容れません。

 Uターン・Iターンなどの人材確保に役立てるためにも見直しが必要です。40歳代は無理としても、せめて30歳代はチャレンジの機会を与えるべきだと考えます。

 

 

【回答】 9月3日回答

 

  A:組織における年齢構成や人材育成の必要性などを勘案し年齢制限を設けています

 

 島根県人事委員会では、島根県職員(資格免許職)採用試験(保健師、診療放射線技師、管理栄養士、司書などの免許を必要とする職員を採用するための試験)を行っていますが、その受験資格である年齢要件の上限は27歳から29歳までの範囲で設定しています。

 年齢要件は、組織における年齢構成、長期的で計画的な人材育成の必要性などを総合的に勘案し設定しているところです。

 今回御提案のありました「資格免許職採用試験の受験資格である年齢要件の上限を30代まで引き上げる」ことは、幅広い人材を確保するための方法の一つとして考えられますので、今後採用試験を行う上での参考にさせていただきます。

(人事委員会事務局)

 

 

 


2007年9月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025