• 背景色 
  • 文字サイズ 

不動産取得税の賦課について


 

【提案】 8月13日受付

 

Q:不動産取得税の賦課について、出雲の合同庁舎でも取り扱ってほしい。 

 

 先日、出雲の合庁へ上記の件について、現在の税率等について電話をいたしました。

 担当とおぼしき方が電話に出られましたが、現在出雲の合庁では、不動産取得税の徴収については取り扱いをしているが、賦課などについては、松江合庁の不動産グループへ聞いて下さいとのことで電話番号を教えていただきました。

 さっそく電話をいたしましたところ、幸いにもよくわかりましたが、少し込み入った話をするには電話では困難な場合もあり、少し年をとられた方には直接出かけてでも話が聞きたいと思われる方もおられると思います。

 ある程度の事務の合理化は必要だと思いますが、徴収はするが、賦課の方はよそへ聞いてくれでは、納税者の納得は得られないのではないでしょうか。

 

 

【回答】 9月26日回答

 

 対応: 専門的な知識、経験が必要な課税事務に対処するため、課税部門を東西県民センターへ集中しました。不動産取得申告書に課税の仕組みなどを解説したチラシを同封し、納税者の方にご理解いただけるよう努めています。

 

 ◇回答

   昨年4月、総務事務所を廃止し、県民センター・圏域事務所を設置しました。

  これは限られた人員の中で、県民の皆さんの利便性と業務の現場性に配慮しつつ地方機関で行うべき機能を整備し、簡素な体制へ再編するために行われたものです。

   県税の組織に関しては、制度改正などによりますます専門的な知識・経験が必要となった課税事務に対処するため、課税部門を東・西県民センターへ集中しました。

  これによって、一人で複数の県税を担当していた状況が解消され、主要な県税は複数の者で担当できる体制になり、専門性の向上が図られました。

  納税相談への対応については、県民の皆さんの利便性を確保するため、引き続き、各圏域事務所の徴収・収納部門に、担当者を置きました。

  ご指摘の不動産取得税の課税に関するご質問、ご相談への対応につきましては、不動産を取得された場合に県民センターから送付する不動産取得申告書に、その記載の仕方や、記載例、課税の仕組みや税率などを分かりやすく解説したチラシを同封しています。

  また、電話によるお問い合わせをいただく時、記載例やチラシをお手元に置いていただくと、ご理解いただきやすいと考えています。 

(総務部税務課)

 

 

 


2007年9月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025