• 背景色 
  • 文字サイズ 

「遊技場の景品の仕入れは県内産のものに限る」という条例を制定すべき


 

【提案】 7月12日受付

 

 Q:「遊技場の景品の仕入れは県内産のものに限る」という条例を制定すべき

 

  県内に複数店舗ある大手パチンコ店では、景品用のタバコを他県から買い入れています。つまり、その景品用タバコにかかる税は、島根県民が払った分から地元に入らず、他県へ行っているということです。県規模では、かなりな額になると思われますので、上記のような条例を作った方が得策であると考えます。

 

【回答】 8月7日回答

 

 A:規制は困難と考えています。

 

  ご提案のような経済活動の規制は困難と考えています。 

  たばこ税は、タバコを購入するときにその代金の中に含まれているもので、タバコの製造会社や卸売販売業者が、小売販売業者にタバコを売り渡したときに小売販売業者の所在地の県や市町村に税を納めます。

  したがって、店頭でタバコを購入したときには、すでにたばこ税が含まれていますので、最終的にはタバコを消費する人が税を負担することになります。

  タバコには国、県、市町村それぞれの税が課税されており、1箱(20本入り)300円のタバコを例にした場合、国たばこ税が約71円、たばこ特別税が約16円、県たばこ税が約21円、市町村たばこ税が約66円、代金の中に含まれています。

たばこ税は、県内でタバコが買われた場合に県や市町村の収入となり、みなさんの暮らしに役立つものですから、県ではホームページなどで県内での購入をPRしております。県民の皆様におかれましては、タバコは地元でお買い求めいただきますようお願いいたします。

(総務部税務課)

 

 


2007年8月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025