• 背景色 
  • 文字サイズ 

「『国民保護』を知っていますか?」のパンフレットについて


 

【提案】6月12日受付

 

 毎月常会の配布書類が多く、大部分はゴミとしてすてている。

 今月「『国民保護』を知っていますか?」というパンフレットを見たがどうしてひらきが逆なのか?上等の紙で印刷してあるがマンガと文章がまったくあっておらず、見づらい。あえて別にしなくても「フォトしまね」の中にもっとわかりやすく掲載してはどうでしょうか?県からの周知事項はもっとフォトしまねに入れるとよいのではないでしょうか。

 市の方へも、配布書類はわら半紙を使い、なるべく市の広報へ掲載できる事はページを増やしてでも掲載して欲しい、別口の印刷で配布物を多くしないで欲しいと言っているが毎月大量の書類が各戸へA4判で配布される。目を通した後はゴミとしてすてている状態である。企業の広告なんかよりこの国民保護を掲載した方が良い。

 

 

【回答】6月26日回答

 

 対応:参考とします

 

 国民保護パンフレットについて、ご提案の「フォトしまね」への掲載については、紙面スペースに限りがあるため今回は実現できませんでしたが、様々な機会を利用して制度の周知に努めます。

 本パンフレットは、県及び全ての市町村において国民保護計画が作成され、早期に県民のみなさんへ周知をする必要があるため、フォトしまねとは別に、啓発用として作成したものです。

 今回の作成に当たっては、ある程度保存に耐えられるよう少し厚めの紙を使用しましたが、必要最小限の紙面にまとめ、中綴じを省くなどコスト削減に努めました。

 なお、ご指摘のありました冊子の開き方については、パンフレットが横書きであるため、縦書きのフォトしまねとは逆になっています。

今後とも、広報内容については、県民のみなさまに対してわかり易く工夫するとともに、効率的で適切な広報に努めます。

(総務部消防防災課)

 

 

 

島根県では、県政の動きや県の施策を県民の皆様にお伝えするため、広報誌「フォトしまね」を年4回発行し、写真やイラストなどを用いて分かりやすく説明することで、効果的な県政広報に努めています。

 いただいたご意見を踏まえ、今後も、さまざまな県政情報をタイムリーに分かりやすく伝えていく考えですが、「フォトしまね」の限られた誌面の中で全ての県政情報を伝えることは困難であり、情報量が多く専門的な内容については、別途、各所属で発行する広報誌、パンフレットなどで情報提供しています。

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 


2007年6月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025