• 背景色 
  • 文字サイズ 

職員の服務時間について


 

【提案】6月12日受付

 

県ホームページの県民ホットライン5月の職員の服務時間についてを読みました。

国では休息時間が廃止されたのですから県でも昼休みは12時15分からとすべきではないでしょうか。12時からの15分は仕事をして少しでも残業代を減らし、県の財政をたて直して下さい。職員の意識改革も必要!

 準備とは何をしているのでしょうか。意味不明です。早急な対応は可能と思われます。7月からでも12時15分からの昼休みとすべきです。

県ホームページ上での回答を希望します。時期を明記して下さい。

 

 

【回答】6月21日回答

 

 対応:参考とします

 

島根県では、休息時間の見直しについて、国や他の地方公共団体の見直しの動きと同様に、廃止に向けた手続きを進めています。休息時間の見直しを行うには、議会の議決を必要とする条例の改正を行わなければなりません。

こうしたことから、現在、次の定例会である9月県議会に向けて、条例改正案を提案する準備を進めています。

(総務部人事課)

 

 

 


2007年6月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025