• 背景色 
  • 文字サイズ 



1月16日のトピックス(株式会社ブレイブスタジオ)

株式会社ブレイブスタジオと立地に関する覚書を締結しました

【県庁301会議室】

西村洵輝代表取締役、菅澤英司(株)ブレイブソフト代表取締役

〔写真〕西村洵輝代表取締役(右から二人目)、菅澤英司()ブレイブソフト代表取締役(左から二人目)

 

 株式会社ブレイブスタジオ、島根県、松江市の三者で事業所等の立地に関する覚書を締結しました。同社は、株式会社ブレイブソフトの100%出資により設立された会社で、親会社である株式会社ブレイブソフトは、操業時から携帯電話向けウェブサービスのシステム開発に取組み、その後、当時最先端分野であったスマートフォン向けのアプリケーション開発にいち早く事業を転換し、業績を拡大してこられました。

今回の計画では、親会社のアプリケーション開発の支援に加え、株式会社ブレイブスタジオ独自で、Rubyで構築した新たなシステムの開発などにも取り組まれるものです。

知事は、「地域経済の活性化と定住促進の面からも大いに期待しています。地元松江市とともに、できる限りの支援、協力を行います」と述べました。西村社長は、「世界で通用する製品を島根から発信し、県内を盛り上げたい」と話されました。






お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp