• 背景色 
  • 文字サイズ 
前月2018年10月次月
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

ページ一覧

10月15日のトピックス(全国大会出場校ほか)

全国大会出場校を激励しました

【知事室】

みなさんと

〔写真〕出雲北陵高校吹奏楽部部長の松谷陽路さん(左から二人目)

 中学・高校合唱部部長の南波和加奈さん(右から二人目)

 

 全日本吹奏楽コンクール全国大会(高等学校の部)に出場する出雲北陵高等学校の吹奏楽部と、全日本合唱コンクール全国大会(高等学校部門・小編成の部)に出場する出雲北陵中学・高等学校の合唱部を激励しました。

知事は、「島根・中国地方の代表として全国の舞台でも素晴らしい演奏と歌声を披露してください」と話し激励金を贈呈しました。

吹奏楽部の松谷陽路部長は「今まで積み重ねた練習の成果を発揮して最高の演奏を披露したい」と意気込み、合唱部の南波和加奈部長は「不安も期待もありますが、自分たちらしい演奏を届けたい」と決意を述べました。

 

第66回全日本吹奏楽コンクール全国大会(高等学校の部)は10月21日に名古屋国際会議場(愛知県)で、第71回全日本合唱コンクール全国大会(高等学校部門)は10月27日にホクト文化ホール(長野県)で開催されます。

 


2018年10月15日

10月4日のトピックス(中国税理士会ほか)

中国税理士会から災害見舞金をいただきました

【知事室】

森脇副会長

〔写真〕森脇章雄副会長

 

 

 中国税理士会から平成307月豪雨の災害見舞金の贈呈を受けました。

中国税理士会の森脇章雄副会長から目録を受け取った知事は「被災された皆様が一日も早く安定した生活を取り戻すことができるよう、関係市町の復旧・復興のために活用します」と述べました。

 

株式会社クロレラサプライと立地に関する覚書を締結しました

【301会議室】

クロレラ佐藤俊介代表取締役、ユーグレナ出雲充代表取締役CEO

〔写真〕株式会社クロレラサプライ佐藤俊介代表取締役(右から二人目)

 株式会社ユーグレナ出雲充代表取締役社長CEO(左から二人目)

 

 株式会社クロレラサプライ、島根県、出雲市の三者で工場等の立地に関する覚書を締結しました。

 同社は平成4年に出雲市内で設立されて以降、健康食品の製造販売で業績を拡大してこられ、平成28年12月には、株式会社ユーグレナ(本社:東京都、東京証券取引所一部上場企業)の100%子会社となりました。

同社は、製造工場に加えて、コールセンターを自社内に設置されており、仕入れた原料の加工から、商品の製造・販売までを一貫して行うことを企業の強みとされています。

今回の計画は、既存工場を改修し、最新の設備を導入することで、市場規模が拡大しているユーグレナを使ったサプリメントの販売を手がけるユーグレナグループの製造拠点化を目指されるものです。

株式会社クロレラサプライの佐藤俊介代表取締役は「品質の高い製品の製造販売で地域経済の発展に貢献したい」と抱負を述べられました。

また、親会社である株式会社ユーグレナの出雲充代表取締役社長CEOも「コールセンター部門の質が、大変良いと県外からも評判であり、コールセンターも一体となって成長をしていきたい」と抱負を述べられました。

知事は「地元出雲市とともに、できる限りの支援を行います」と述べました。


2018年10月4日

9月28日のトピックス(株式会社出雲村田製作所ほか)

株式会社出雲村田製作所と立地に関する覚書を締結しました

【県庁301階議室】

井上亨代表取締役社長

〔写真〕井上亨代表取締役社長

 

 株式会社出雲村田製作所、島根県、出雲市の三者で工場等の立地に関する覚書を締結しました。

同社は、京都市にある株式会社村田製作所の出資により、昭和58年に設立され、積層セラミックコンデンサの開発・生産拠点として、現在、世界トップレベルの規模を誇っています。

 今回の計画は、スマートフォンや電装化が進む自動車向けに積層セラミックコンデンサの需要が急速に拡大する中、生産設備の増設と新生産棟の建設を行って、生産能力の強化を図るものです。

 知事は、「今回の投資により、開発・生産拠点としての出雲村田製作所の重要性もますます高まるものと考えています。また、3年間で400名の雇用増加も計画されており、島根県の経済発展と定住促進に一層大きく貢献いただく。県としても、地元出雲市とともに、できる限りの支援を行います。」と述べました。

 井上亨社長は、「積層セラミックコンデンサの需要に応えるため、生産能力の増大と生産性の向上を図りたい。そして、新規雇用を創出し、地域に貢献したい。」と抱負を述べられました。

 

スペシャルオリンピックス日本に出場された島根県選手団のみなさん

【知事室】

アスリートのみなさんから報告

〔写真〕アスリートのみなさんから報告

 

みなさんと

〔写真〕みなさんと

 

 

「第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知」に出場された島根県選手団のみなさんが知事を訪問されました。

 島根県選手団の藤原秀晶団長は「競泳、陸上、バスケットボール、ボーリング、卓球の5競技に出場し、全員がメダルを取れました。非常に満足した成績を収めることができました」と結果を報告。知事はお祝いの言葉を述べ「2020年には、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。障がい者スポーツへの関心はますます高まっていくものと思います。継続してスポーツに取り組まれ、夢と希望に向かってさらに飛躍してください」と期待の言葉を述べました。

 

 ※スペシャルオリンピックスとは、知的障がいのある人たちに、日常的なスポーツプログラムとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織です。4年毎に夏季・冬季の世界大会を開催しています。今大会は、2019年にアラブ首長国連邦で開催される世界大会の代表選考をかねて開催されました。


2018年9月28日

9月27日のトピックス(中国寧夏回族自治区友好協定25周年)

中国寧夏回族自治区との友好協定25周年記念事業

【県庁301会議室】

みなさんと

〔写真〕みなさんと

 

記念植樹

〔写真〕王紫雲副主席との記念植樹

 

 島根県と中国寧夏回族自治区の友好協定25周年を記念して、寧夏回族自治区の訪問団の皆さんを迎えました。

知事は今までの相互派遣・交流などで大きな成果を得たことに触れ、友好が一層深まることを期待するとあいさつ。訪問団の王紫雲(おうしうん)政治協商会議副主席は「記念事業に参加できて大変光栄です。友好協定25周年を迎え、これからの友好交流の新たなステージにしたい」と期待を寄せられました。

懇談後、県庁前庭で知事と王紫雲副主席は友好協定25周年を記念して、植樹を行いました。

 


2018年9月27日

9月26日のトピックス(さんびるほか)

被災地への義援金をお預かりしました

【知事室】

懇談のようす

〔写真〕懇談のようす

みなさんと

〔写真〕みなさんと

 

 株式会社さんびるのみなさんから「平成307月豪雨」で被災された県内の方々への義援金をお預かりしました。

藤田等専務取締役は「各地で未曾有の災害が発生している。そんな中、少しでも被災された皆様に気持ちが届けばという思いです。これからも義援活動を続けていきたい」と話され、知事は「さんびるの皆さんにはこれまでもいろんな形でご支援をいただいています。7月豪雨で被災された方が県内にたくさんいます。責任をもってお届けします」と感謝の言葉を述べました。

 

お預かりした義援金は、日本赤十字社を通じて被災地へ届けられます。

松江シティFCのみなさん

【知事室】

懇談の様子

〔写真〕懇談のようす

 

みなさんと

〔写真〕みなさんと

 

 第46回中国サッカーリーグで優勝した、松江シティFCのみなさんが訪問されました。

松江シティFC株式会社の吉岡健二郎取締役会長は「Jリーグには島根出身の選手が13人います。彼らが地元に帰ってプレーできる環境を作りたい」と話されました。ゆくゆくはJリーグに参入したいと話される会長に知事は「県としてもどういう支援ができるか考えてまいります」と述べました。


2018年9月26日



お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp