• 背景色 
  • 文字サイズ 

「森のパティシエ教室」開催しました

 

県民の森トップページ|県民の森の概要ページトップへのリンク画像|登山マップページトップへのリンク画像|ふれあい講座年間スケジュールページへのリンク画像|ふれあい講座レポートページトップへのリンク画像|アクセスページトップへのリンク画像

森のパティシエ教室の画像

県民の森ふれあい講座の画像

【講座名】里山の憩い3:森のパティシエ教室

【日時】平成27年9月20日(日)

【天候】晴れ

【場所】県民の森木工室

たき火クッキー、竹筒を使ってバームクーヘン、クロモジ茶と、初秋の植物のお話


 

講座の様子

 

里山の憩い3番目の講座では、もりふれ倶楽部さんを講師に、たき火クッキーとバームクーヘン、クロモジ茶を作りました。

 

開講式の様子

 

準備の画像

木工室周辺の標高が約550mなのですが、朝はとても肌寒く、野々村先生が準備で火をおこしておられたので温まりました。

ナラ枯れで枯れた木をイベントで使う薪に利用されています。

この無煙炭化器は、竹の処理などにもとてもお役立ちのものだそうです。

 

講座では最初に1時間程度、小田川のロードを歩きながら中村先生に植物のお話を聞きました。

小田川ルートを歩く様子

 

つりふねそうの種がはじける様子に、お子さん達も興味津々でした。

つりふねそうの画像

 

 

インストラクターの先生が説明をされる画像蝶の画像

 

キブシの実の画像ガマズミの実の画像

 

 

もりのすの画像

シルバーウィークのもりのすさんは連日宿泊のお客さまで満室だったそうです。

 

セラピーの様子

 

セラピーロードを歩く親子の画像

 

ナナカマドの画像

 

 

キバナアキギリの花粉がつく様子を観察する画像

キバナアキギリの花のしくみを観察しています。

 

花の奥にみえる雄しべは虫をひきよせる仮のもので花粉はないのですが、

花粉のあるほんものの葯が上側の花びらの中に隠れており、マルハナバチなどが花にもぐりこむと、

シーソーのように上から葯が下りてきて虫のおしりに花粉をつける上手いしくみになっているそうです。

細い枝を花の奥にいれてみて、葯が下りてくる様子を観察してみました。

こうして虫が花粉をほかの花へ運び、遺伝子をひろげていくのだそうです。

 

 

ベンチに座って笹の説明を聞く様子

今度は、笹の葉を2枚使ってできる遊びを教えていただきました。

 

笹で作った小物入れの画像小物入れの中を開いた画像

ハート型の小物入れ(?)ができあがりました。

これはお子さん達がとても気に入られて、午後もバームクーヘンを焼きながら、笹の葉でたくさん作っておられました。

落ち葉を入れた画像

 

1時間散策した後、木工室に戻り、クロモジ茶とたき火クッキー作りを行いました。

木工室に戻ってたき火クッキーの準備の画像クロモジの画像

クッキーの上にのせる煎ったマテバシイを、皆さん一粒ずつ味見

マテバシイの画像

 

焼く前のクッキーの画像おきの画像

クッキーはドロップクッキーで、生地を作ったあとスプーンでカップに落としていき、マテバシイをのせました。

外では野々村先生がおきを作って「まだかなぁ…」と待っておられました!!

お菓子の缶の下におきを置いた画像缶の中にクッキーのカップを入れる画像

お菓子の缶に、さきほどのクッキーのカップをいれていきます。

缶の底に直接のせるとクッキーが焦げてしまうのですが、焦げないように工夫をされています。

ふたの上にもおきをのせる画像

ふたの上にもおき火をのせて、上からも熱を加えます。

10分程で、クッキーが焼き上がりました。

焼き上がりのクッキーの画像

 

お昼の休憩をはさんで、13時からバームクーヘン作りを始めました。

メレンゲの画像生地をまぜる画像

お父さんが作られたとてもキメの細かいメレンゲです。

 

最初の生地を焼く画像生地をつけすぎておきの上に落ちた画像

生地ができあがったら、竹筒につけて、くるくるまわしながら焼きます。

一番最初が難しく、生地をつけすぎると、竹筒から生地が落ちてしまうようです(涙)

焼き色がついた画像7回目焼き上がりの画像

1層目に焼き色がついたら、再び生地をかけてまた焼きます。

生地がなくなるまで繰り返すのですが、概ね1時間位かかりました。

焼き途中の様子

 

お子さんが作られたミニほうきの画像お子さん達が作っていたものの画像

お子さん達は、まわりで、きのこを探したり、何か拾い集めてきては、お弁当箱などを作っておられました。

きのこの画像

 

バームクーヘン焼き上がりの画像

バームクーヘンが焼き上がりました。

バームクーヘンをどうやって竹筒から外すかというのが、この日のいちばんのポイントで、

皆さんの反応が野々村先生の楽しみなのだとか。

そして、先生の思惑通りに皆さんとても驚かれまして、ご満悦でした!

竹筒から外してできあがりの画像

 

綺麗に取り出せたバームクーヘンの画像切り分けたバームクーヘンの画像

 

バームクーヘンの年輪の画像

クロモジ茶の香りが部屋にひろがりました。

クッキーとバームクーヘンを皆さんでいただきました。

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp