• 背景色 
  • 文字サイズ 

間伐材でフクロウ親子の置物とキーホルダー作り

 

県民の森トップページへのリンク画像|県民の森概要ページへのリンク画像|登山マップページへのリンク画像|ふれあい講座ページへのリンク画像|ふれあい講座レポートページへのリンク画像|アクセスページへのリンク画像

 

県民の森ふれあい講座の画像

フクロウ親子の置物づくりの画像

【講座名】間伐材を使ってフクロウ親子の置物とキーホルダーを作る!

【開催日】平成26年8月17日(日)

【参加者】15名

 

 

作品見本

作品見本の画像マグネットの画像

間伐材の円板と木切れや枝を使って、フクロウ親子の置物やキーホルダーを作ります。

 

 

講師紹介

【講師】竹田正彦先生(島根県森林インストラクター)

講師の竹田先生の画像講義中の竹田先生の画像

大工さんでもある竹田先生の教室は、子どもたちにも大人気です。

島根県緑の少年団交流会では5年連続工作指導を担当。

みーもスクールでもご活躍されています。

 

講座レポート

夏休み2回目の木工工作は、間伐材を使った置物とキーホルダー作りを開催しました。

お盆明けの日程となりましたが、15名のかたに参加いただきました。

開講式の様子

講師の竹田先生と、もりふれ倶楽部さんが指導されました。

 

下準備された材料の画像

間伐材の円板がくりぬかれ、焼き色がつけられています。

 

講座中の様子子ども達と竹田先生の様子

下準備された円板に、木切れや枝をのせてフクロウを作ります。

 

小枝に目をかくと、いろいろな表情のフクロウができあがりました。

できあがりの画像

 

参加者の皆さんの作品画像キーホルダーの画像

こちらは小さな円板を使ったキーホルダー。フクロウの表情がとても面白いですね。

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp