• 背景色 
  • 文字サイズ 

「森のいろいろえんぴつを作ろう!」開催しました

 

県民の森トップページへのリンク画像|県民の森概要ページへのリンク画像|登山マップページへのリンク画像|県民の森ふれあい講座ページへのリンク画像|ふれあい講座レポートページへのリンク画像|アクセスページへのリンク画像

 

枝の色えんぴつの画像

県民の森ふれあい講座の画像

日時:平成26年7月27日(日)

天候:晴れ

会場:県民の森木工室

32名参加(20個)


 

工作用杉板でえんぴつ箱作り

 

昨年度から夏休みの手作り講座で、7月と8月に1回ずつ、木工工作の講座を開催しています。

1回目は、枝を使った色えんぴつと、工作用杉板を使ったえんぴつ箱を作りました。

色えんぴつということもあってか、お子さんも多く参加いただきました。

作業の説明の画像箱作りの画像

午前中は、杉板を使ってえんぴつ箱を作る作業です。下は見本の画像です。

 

見本のえんぴつ箱の画像枝の色えんぴつの見本画像

 

最初にふたの窓を糸のこ盤で切り抜きました。

糸のこ盤作業の画像ドライバーでねじをとめる画像

その後、箱の組み立てと、蝶番と留め金具のとりつけをしました。

ドライバーの数が少なく、ねじでとめる金具のところで少しお待ちいただいたのですが

箱はとても早く進みました。

お子さん達も、お父さんお母さんに教わって金具をとりつけられていました。

 

枝の色えんぴつ作りと、箱の仕上げ

後半は、枝の色えんぴつと、箱の仕上げの作業を行いました。

枝の先を削る画像完成した色えんぴつの画像

後半はなかなか写真を写せなかったのですが、枝が乾燥で少し曲がったりしたものもあったようで

芯が入れにくかったりしたものもありましたが、なんとか皆さん色えんぴつが10本できあがりました。

右の画像は、最後に写させていただいた、出来上がりの色えんぴつです。

焼きペンで描かれた字もかわいらしいですね!

 

箱の表は、プラ板で飾りをつけたり、焼きペンで絵を描いたりしました。

箱の表の画像箱の仕上げ画像

 

焼きペンで箱の仕上げの画像みーもくんの箱飾り

みーも通信をみて、みーもくんとみーなちゃんをプラ板に描かれたかたも何組かいらっしゃいました!

枝をボタンみたいに並べた様子も楽しいですネ!

 

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp