• 背景色 
  • 文字サイズ 

2014年「若葉の指谷奥縦走」開催しました

県民の森トップページへのリンク画像|県民の森の概要ページへのリンク画像|登山マップページトップへのリンク画像|ふれあい講座ページトップへのリンク画像|ふれあい講座レポートページトップへのリンク画像|アクセスページトップへのリンク画像

 

県民の森ふれあい講座の画像

若葉の指谷奥縦走の画像

【開催日】2014年5月25日(日)

【天候】晴れ

【参加者】11名

 


 

4月には琴引山縦走で和恵縦走路を歩きましたが、今回はそのときにみえていた県境の稜線を歩きました。

今年は天気の日が続き、嬉しいです。

木工室で集合の画像

指谷山縦走路を歩くのははじめてという方が半数でした。

 

出発地点、草峠の画像

草峠へバスで移動し、林道の脇から山に入ります。9:15草峠を出発しました。


最初の登りの画像分岐で休憩の画像

歩き始めて最初の5分は登りが続くので、ここで準備運動のような感じです。

10分程で、琴引方向と指谷方向に分かれる分岐にでます。

 

長い直線の下りの画像すべりやすいので注意して下る画像

1005mの分岐から、直線の長い下りが続きます。石も多く、難儀なところです。

指谷山縦走路のブナ林の画像

鞍部まで下りてほっと一息できると、美しいブナ林の縦走路を楽しめます(?)

 

この時期、グリーンシャワーが最も美しく感じられる気がします。

大きなブナの画像

 

イワカガミの画像大きなブナの傍を歩く画像

 

ツタウルシの画像

何個目かのピークを越える途中、ふとそばのブナの幹に、

ツタウルシがからみついていました・・!(うっかり手で触れないように・・)

 

グリーンシャワーの画像

頭上には若葉の傘がひろがっています。

 

若葉の縦走路の画像

 

何個目かのピークを登る画像

いくつものピークを越えながら進みます。

 

前半の長い下りの稜線が少しみえる画像

手前の木でわかりにくいのですが、向こう側にうっすらと、前半に下りた長い下り坂がみえます。

 

指谷奥の山頂の画像ミヤマヨメナの画像

11:17指谷奥に到着

ユキザサの画像コケイランの画像

 

ユキザサやコケイランのまわりにツタウルシが・・よくみると、地面をあちこちで這っているのをみました。

出てきた頃はこのように葉がぎざぎざしていたりしますが、

微妙なてかり具合の3枚葉っぱには、気をつけてください。

 

いくつも越えるピークの画像

 

杉ケ谷ルート分岐の画像

いくつめかのピークを越して、11:40杉ケ谷ルートとの分岐までやってきました。

指谷山の手前で大きなコブを1つ登らないといけないので、ここで昼食をとることにしました。

 

杉ケ谷ルートから森の中を40分程歩くと、ロープのある急坂に。これを登れば指谷山はすぐです。

指谷山手前の登りの画像縦走路からの眺めはかすんでいた画像

この坂をやっとの思いで登ると、頭上が開け、そのまま山頂までゆったりした登りが続きましたが

ここが足にじわじわきました・・・。

眺めがみえれば疲れもふきとびそうですが、この日は雲の中で遠くがみえませんでした。

お昼を食べた直後でも、お昼を食べる前でも、きつくなりそうなところです・・。

 

山頂の画像指谷山山頂で休憩の画像

13:05、指谷山頂へつくと、涼しい風が吹いてきました。ちょうど風の通り道のようです。

 

山頂からみた指谷奥の画像

山頂から、指谷奥と歩いてきた県境の稜線がみえます。

木地屋谷展望台へ進む画像

指谷山山頂から木地屋谷展望台へ。

爽やかな風が吹いて気持ちがよかったです。

ハウチワカエデの画像ナナカマドの画像

 

新緑の木地屋谷ルートの画像

木地屋谷ルートを下りていきます。

ブナ林の画像

分岐にある大きなブナの画像

木地屋谷ルートのブナ林も美しいです。

 

人工林を下る画像

最後は尾根から外れて人工林の中を下り、もりのすまで歩きました。

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp