• 背景色 
  • 文字サイズ 

2014年「早春の琴引山縦走」開催しました

 

和恵縦走路の画像

日時:2014年4月27日(日)

天候:晴れ

14名参加

ルート:県民の森和恵展望台→草ノ城山→琴引山→スキー場(歩行距離:7.6km)

 


和恵展望台から出発、草ノ城山へ

 

今年度の第1回目は雨の予報がずれて、登山日和となりました。

この日は朝早くスキー場を出発され、琴引山から大万木山へ縦走された皆さまもいらっしゃったようです。

 

和恵(わえ)展望台の和恵という名前は古くからのもので、

明治10年に島根県が小田の山林を購入し県有林となりますが、

それ以前は製鉄業が営まれており、和恵だたらというたたら場も林内にあったそうです。

和恵展望台の画像草ノ城山へ出発する画像

 

和恵県有林の谷名の画像

和恵県有林にはこのようにたくさんの谷名があり、ところどころ谷名が記されているところもあります。

和恵展望台から縦走路を進むと、けやき谷、大杓子(おおじゃくし)谷の造林地の上を通りますが、

昭和初期に造林された古い造林地です。

 

ユキザサの画像葉が出る前の木々の様子

 

草ノ城山手前の画像イワカガミの画像

坂を登った先が草ノ城山

草ノ城山の画像草ノ城からの眺め

和恵展望台から約30分で草ノ城山に到着しました。

 

 

草ノ城山から琴引山へ

 

草ノ城山を過ぎ、琴引山を目指して琴引分かれまで歩きます。

県境の稜線の画像ムシカリの画像

木々の間から、向かい側に県境の稜線がみえます(5月25日はこちらの稜線を歩きます)

ムシカリのトンネルの画像ムシカリの画像

歩いていると、白いムシカリの花がよく目にとびこんできました。

 

縦走路の画像

春の柔らかい色がたくさんひろがっていて、歩くのが気持ちよかったです。

ブナ林の縦走路コシアブラの画像

 

アップダウンを繰り返す縦走路

 

琴引分岐点の画像

琴引分かれから稜線を外れ、急坂を下ります。(県民の森はここまで)

鞍部から登りの画像

鞍部まで下りて、ふたたびゆっくりとした登りになります。

ここのゆったりした登りが、腿にじわじわきます。

琴引山頂まで30分位ゆっくりとした登りが続きます。

明るい林の中を歩く画像

山頂まで展望はありませんが、春の明るい日差しがさし、気持ちのよい道です。

 

琴引山頂からスキー場へ下山

 

 

山頂前の広場

山頂前の広場で昼食をとりました。

ヒノキの下で昼ごはんの画像

スタッフが昼寝をするヒノキだそうです。

昼食後、山頂へ

昼食後、山頂へ(約3分)

山頂からの眺め三瓶山がみえる

三瓶山がみえます。

県民の森の方向の眺め

歩いてきた縦走路は、ちょうど木の影でみえないのですが、県境の稜線がみえます。

山頂の様子蝶が休んでいる画像

琴弾山神社由来看板の画像

山頂直下にある琴弾山神社を通り、スキー場へのルートへ。

十畳岩の画像

十畳岩でひざの休憩

桜の画像

スキー場の画像

スキー場へ下山。

ふれあい講座の登山は雨と重なることが多いのですが、お天気になりましてよかったです。

 

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp