• 背景色 
  • 文字サイズ 

オキナグサとコアカミゴケ

平成31年4月12日(金)晴れのちくもり

 

春の雨上がり。今日は春らしい曇りの日になりました。

思ったよりも寒い4月に、ストーブを片付けられずにいるこの頃です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、そんなまだ肌寒さの残るセンターでは、こんな植物たちも芽吹いています。

 

まずはオキナグサ。

こちらは、調べてみたところ、日当たりのよい草地に生育する多年草だそうです。

絶滅危惧種にもなっているとのことでした。

去年はセンターの玄関前で見られたそうですが、今年はセンター後ろ側にある芝の斜面に生えているのを確認しました。

オキナグサの写真。芝の斜面に生えていました。

 

次にコアカミゴケ。

これは、ハナゴケ科の植物だそうです。

これも同じ場所の芝生の合間に生えていました。小さな赤い点々がかわいいですね。

コアカミゴケの写真。先端の赤い点々がかわいらしいです。

 

足下にも小さな春が来ています。

皆さんも散策がてら探してみてはいかがでしょう。

 

 

○●○情報支援員宇都宮○●○

 

前回のコラム

 

 

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp