• 背景色 
  • 文字サイズ 

たくましく育つ、小さなきのこ

平成31110日(木)曇り

 

 

きのこの栽培試験をしていると、

試験管やシャーレの中で、小さなきのこが生えることがあります。

 

下の写真は、1本だけですが「エノキタケ」です。

 

写真1)エノキタケ

 

 

「しめじの仲間」が生えて、フタに当たって、折れ曲がっています。

 

写真2)しめじの仲間

 

 

変わった形の「ヤマブシタケ」です。

 

写真3)ヤマブシタケ

 

 

栽培すると、こんな形になります。

 

写真4)ヤマブシタケ

 

 

狭い空間で、たくましく成長するタイプは栽培しやすい性質と考えられ、

これは品種開発するための重要な情報なので見逃せません。

 

 

***きのこ・特用林産科冨川、宮崎***

 

 

前回のコラム

 

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp