• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成28年度姫逃池カキツバタ保全活動

○日時:平成28年6月12日(日)9:30〜11:30天候:曇りのち雨

○場所:三瓶山北の原姫逃池

○参加者:大田の自然を守る会、NPO法人緑と水の連絡会議、三瓶青少年交流の家、大田市観光協会、環境省松江自然保護官事務所、大田市、

 三瓶自然館((公財)しまね自然と環境財団)、三瓶自然館インタープリターの会、環境省自然公園指導員、自然保護レンジャー、一般、島根県

 約70名

○作業目的

 三瓶山北の原にある姫逃池は浮島や水辺にカキツバタが美しく咲き、昭和43年に県の天然記念物に指定されました。

 十数年前には、池の水が枯渇したこともありましたが、自然再生事業により水面が回復しました。その後は、ボランティアや関係者により草刈り作業などが行われ、

 毎年美しい花を咲かせています。

 この時期はヨシ、ススキ、カンガレイといった背丈の高い植物に覆われ、カキツバタの生長は妨げられてしまいます。草丈が急速に伸びるこの時期に除去すると、

 草の再生を防ぐ効果が高く、丈の高い草を刈り取ることによりカキツバタに陽の光があたり、生育を促します。また、池内の洋種スイレンの除去を行うことで池面の

 確保と植物体堆積による陸化を抑制し、カキツバタの育生環境を改善します。

 

○内容

 【受付・開会】

 受付の様子 開会式

 当日は今にも雨が降りだしそうな曇り空で、降らないことを祈りながらのスタートでした((>∧<;))☆彡

 

 

 現状説明 作業説明

 三瓶自然館サヒメルの井上学芸員より姫逃池のカキツバタの現状と作業について説明を受けました!

 刈り取る植物とカキツバタが混在しているので間違って刈らないよう、真剣に説明を聞きます(O_O;)

 

 胴長部隊 スイレンの花 池を覆うスイレン

 こちらは池内のスイレン除去作業をする胴長部隊の皆さんです★

 スイレンの花はきれいですが、外来種で繁殖力が強く、池面を覆い尽くし、在来の動植物が住みづらい環境になってしまいます(T^T)

 

 

 【作業開始】

 ・木道周辺の様子

 草刈り1 草刈り2 草刈り3

 昨年の作業中、木道周辺でマムシがでたので細心の注意をはらいながら作業です(((´д`;)))

 カキツバタにはもう花がついていないので刈り取る植物との見分けが少し難しい・・・という心配は無用で、皆さんバッチリ!そして手際よく作業が進んでいきました(゜Д゜☆)

 

 

 抜き取り1 抜き取り2 モリアオガエルの卵

 こちらは、ショウブ、ススキ等をショベルを使って根から抜き取る作業をしています!そして、今年もモリアオガエル(準絶滅危惧)の卵がありましたぁー(≧∀≦)♪♪

 

 

 ・休憩

 休憩1 休憩2 休憩3 

 しっかり水分補給をして、一息ついて後半もがんばります(。・ω・。)☆

 

 

 ・池内の様子

 池内1 池内2 池内3

 柄の長い鎌を使ってスイレンを刈り取っていきます!胴長での作業はとても暑いうえに、水中では重く、体力が必要です(;´Д`)★

 

 

 

 【閉会】

 閉会式 おにぎり、ジュンサイ汁等1 おにぎり、ジュンサイ汁等2

 作業が終わるのを待ってくれていたように閉会式になると雨が降ってきました(。・0・。)

 毎年恒例のジュンサイ汁、おにぎり、お漬け物などを、大田の自然を守る会さんのご厚意で振る舞っていただきました(´艸`)♪♪

 美味しいごはんや温かいお汁で体も心も癒やされました(。´ω`。)

 

 

 

 カキツバタ紫 カキツバタ白 カキツバタ全体

 (H28.5.15撮影)

 

 心配していた雨も作業終了まで何とか持ちこたえてくれてけが等もなく無事に作業を終えることができました☆

 皆さんのご協力のおかげで来年もたくさんのカキツバタが見られることと思います(´∀`)♪♪

 作業お疲れさまでした。ありがとうございました(*´ω`*)

 

 

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町1番地
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp