• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成28年度赤名湿地保全活動

○日時:平成28年6月19日(日)9:00~11:30天候:雨のち曇り

○場所:飯南町下赤名(赤名湿地性植物群落)

○参加者:赤名湿地保護育成会、森の案内人、環境省自然公園指導員、自然保護レンジャー、島根県立農林大学校、一般、飯南町教育委員会、

 三瓶自然館サヒメル、島根県

 約40名

 

○作業目的

 赤名湿地には、ハンカイソウ、トキソウ等の湿地性の希少な植物が多く見られます。これらの植物を守るために、陸化を早め、湿地の環境を悪化

 させる植物の刈り取りを行います。この時期ヨシ等の丈の高い植物が繁茂してきます。これらの植物を刈り、丈の低い希少な植物に陽の光を当て

 て生長を促すことが必要です。

 

○内容

 【受付・開会】

 開会1 開会2

 当日は曇り空で雨を心配していたら、開会の途中に大粒の雨が降ってきました。゜(゜´Д`゜)゜。

 雨天決行なので覚悟はできており雨に負けず、気合いの入ったスタートでした(`ε´☆)

 赤名湿地保護育成会会長より挨拶をいただき、三瓶自然館サヒメルの井上学芸員から作業について説明を受けました!

 

 

 【作業開始】

 希少種 手刈り 休憩中

 希少な植物がある範囲は刈らないようにピンクのテープを巻いています!その周辺は慎重に手刈りで作業を進めていきます(´ω`;)

 作業中は雨が止んでくれましたが、とても蒸し暑く、休憩でしっかり水分補給をしました(´∀`;)

 

 

 

 草刈り機 草を持ち出す 草捨て場

 希少な植物がない区域は草刈り機でいっきに刈っていきます!!刈った草は集めて持ち出します(ノ^∀^;)ノ

 草捨て場はあっという間に山盛りになりました(゚o゚☆★)

 

 

 【作業終了】

 作業前  作業後

 作業前      作業後

 

 

 【6月の赤名湿地】

 今年もかわいい花や生き物を見ることができました(o´∀`o)

 ハンカイソウ ノハナショウブ 6月の赤名湿地

 ハンカイソウ    ノハナショウブ

 

 

モリアオガエルの卵 ハッチョウトンボ  

 モリアオガエルの卵   ハッチョウトンボ

 

 

 始まりは雨でどうなることかと思いましたが、作業中は雨も止み、けが等もなく無事に作業を終えることができました\(o´▽`o)/

 大変な作業ですが、皆さんのご協力のおかげで湿地の環境が守られています☆ありがとうございました(*´ω`*)

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町1番地
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp