• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成28年度違法採取防止パトロールを実施(船通山)

今年も、横田山の会主催「カタクリ登山」に併せて、比婆道後帝釈国定公園の船通山(せんつうざん)で野生動植物違法採取防止を目的としたパトロールと啓発活動を行いました。

環境省松江保護官事務所、島根森林管理署、雲南警察署、奥出雲町、県などの関係者が参加しました。

平成28年4月29日比婆道後帝釈国定公園船通山

船通山は島根県奥出雲町と鳥取県日南町との県境にある標高1,142mの山で、島根県側からは「亀石コース」と「鳥上滝コース」の2つの登山コースがあります。

2つのコースを簡単に紹介すると・・・

◇亀石コース◇

 渓流沿いの緩やかな登りと、ブナ林の横手道をゆっくりと散策できるコース

◇鳥上滝コース◇

斐伊川の源流といわれる鳥上滝があり、渓流沿いの石畳の道と滝、そして自然林の山道を歩く、やや登りのきついコース

 

 

今年は数日前から雨が続き、登山当日には雨が上がりましたが、肌寒い天気の中での登山となりました个o(-ω-。)彡彡

開会あいさつ

関係者で打ち合わせ(自己紹介等)をして、パトロールへ出発ε=ε=ヾ((●・ω・)ノ

 

◆◇ここからは鳥上滝コースのパトロールの様子をお伝えします.+:。(σ・ω・)σ◇◆

 

鳥上滝入口 チラシ配り 啓発活動

 

鳥上滝コースの登山口で登山者のみなさんに「野生動植物違法採取防止」を呼びかけるチラシと自然保護啓発グッズ(ワッペン・シール)をお配りし、

違法採取防止を呼びかけました□_(^∇^*)

 

船通山の登山道沿いではさまざまな植物を観察することが出来ます*・'(*゚▽゚*)'・*

今年観察することができた植物をちょっとですが、紹介します↓↓↓

ボタンネコノメソウ イカリソウ イチリンソウ

写真:左から、ボタンネコノメソウ、イカリソウ、イチリンソウ♪

 

サンインシロカネソウ シロバナニシキゴロモ ミソサザイ

写真:左からサンインシロカネソウ、シロバナニシキゴロモ、ミソサザイも観察できました(´∀`)♪

 

 

登山道看板 あと少しで鳥上滝 鳥上滝到着

渓流に沿って登っていくと、このコースの名前の由来となった「鳥上滝」が見えてきました♪♪

この「鳥上滝」は斐伊川の源と言われ、約16mの高さがあります。ここで一休憩ε=( ̄。 ̄;)

 

余談ですが・・・「古事記」によると、この辺一帯を荒らし回って、後に須佐之男命(スサノオノミコト)に退治されたというヤマタノオロチ(八岐大蛇)は

この滝を寝城にしていたといわれています~> ̄)~~~~~~~~~~

 

ラストスパート 頂上が見えてきた

登山道沿いの植物観察を楽しみながら登山もラストスパートε=ε=(ノ*・ω・)ノ船通山の頂上が見えてきました!!

カタクリは咲いているかな・・・┣¨キ(o゚Д゚o)┣¨キ

 

頂上のカタクリ カタクリの花 カタクリに日が差してきた

満開のカタクリの花を期待していたのですが、曇り空のためつぼみは開くことなく閉じたままでした(´;ω;`)

更に、今年は例年に比べ暖かくなるのが早かった影響で、カタクリの花は盛りを少し過ぎているとの情報もΣ(・艸・○)!!。しかし、途中から日が差し始め、つぼみが開いてくる花もありました♪(o・∀・o)♪

 

昨年のカタクリ 昨年のカタクリの群生

ちなみに、晴れた日はこのように咲きます(゚▽゚*)ノこのようにかわいい花を咲かせるためには7~8年かかるんです(。・∀・。)!(写真:平成27年4月29日撮影)

 

登山者が頂上に到着 登山者へ啓発 啓発活動中

山頂にはぞくぞくと登山者の方々が!!山頂でも登山者の皆さんに野生動植物違法採取防止を呼びかけるチラシと、自然保護啓発グッズ(ワッペンとシール)をお配りしましたヾ(。・ω・)ノ□

 

今年も違法採取などは発見されず、船通山の自然の豊かさを実感できる充実したパトロールとなりました。

みんなで集合写真

☆みんなで記念写真v(*゚∀゚*)v☆


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町1番地
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp