• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成23年4月1日から献血の可能年齢等(採血基準)が変わりました。

【主な変更点】

1)男性で400ml全血献血が可能な年齢の下限は17歳になりました。

これまで400ml献血は男女ともに18歳以上から可能でしたが、男性に限り、17歳以上からに変更となります。


※女性については、これまでどおり18歳以上からとなります。

 

なお、200ml全血献血は男女ともに16歳から可能です。

成分献血(血漿・血小板)については男女ともに18歳から献血可能です。

2)男性に限り、血小板成分献血が可能な年齢の上限を、「54歳」から「69歳」に引き上げます。

これまで血小板成分採血は男女ともに54歳まで可能でしたが、男性に限り、69歳までに変更となります。

 

血漿成分献血は男女ともに18歳から69歳まで献血可能です。
(ただし、65歳から69歳までの方については、60歳から64歳までの間に献血の経験がある方に限られます。)

 

※女性については、これまでどおり54歳までとなります。

3)男性に限り、全血献血が可能な方の血色素量の下限値を引き上げます。

・200ml全血採血「12g/dL」→「12.5g/dL」
・400ml全血採血「12.5g/dL」→「13g/dL」
・血色素量(ヘモグロビン量)は、血液の濃さです。
・ヘモグロビン量には個人差があり、その日の体調によっても多少変化します。そのため、献血される方の健康を守るため、献血の前に基準を満たすか検査を行っています。

 

※採血基準の詳細はこちら→日本赤十字社ホームページ(外部サイト)

 

 

400ml献血にご協力をお願いします。

 血液は「生きている細胞」のため、長期間にわたって保存することができません。

 赤血球は有効期限が21日間しかなく、毎日必要な血液を十分に確保しておくためには絶えず誰かの献血が必要になります。

 島根県では毎日40〜50人分の400ml献血が必要です。

 しかし、年々献血者数は減少しており、特に若い世代の献血率が低下しています。

 血液を必要とする患者さんのために、一人でも多くの方に400ml献血のご協力をお願いいたします。

 また、2009年3月から献血者への検査サービスとして、糖尿病関連検査(グリコアルブミン測定)が導入されています。

 他の検査項目に併せ、生活習慣病予防など健康管理にお役立てください。

 

※献血についての詳しい情報は【島根県赤十字血液センター(外部サイト)】のホームページをご覧ください。

 

 大田市及び邑智郡内の献血会場(※決定後、順次掲載)

【大田市】

○平成29年3月19日(日)

旧兵間仏閣堂大田店跡~彼岸市会場~(10:00~12:00、13:40~15:30)

 

○平成29年3月20日(月・祝)

旧兵間仏閣堂大田店跡~彼岸市会場~(10:00~12:00、13:40~15:30)

主催:大田ライオンズクラブ

 

○平成29年4月7日(金)

大田市消防本部(10:00~12:00)

大田市役所(13:30~16:00)

 

【川本町】

○平成29年3月17日(金)

道の駅インフォメーションセンターかわもと(9:30~11:00)

川本合同庁舎(12:40~16:30)

 

【邑南町】

○平成29年4月28日(金)

邑南町役場(9:30~11:30)

Aコープいわみ店(13:00~14:00)

あいタウンアベル(15:00~16:00)

 

本人確認について

 

本人確認ができる証明書(献血カード〈お持ちの方〉、運転免許証、健康保険証など)をご持参ください。

 

お問い合わせ先

 

県央保健所

 衛生指導課(電話:0854-84-9806)

 


お問い合わせ先

県央保健所

〒694-0041 島根県大田市長久町長久ハ7-1
TEL:0854-84-9800
FAX:0854-84-9819
kenou-hc@pref.shimane.lg.jp