• 背景色 
  • 文字サイズ 

牛海綿状脳症(BSE:Bovin Spongiform Encephalopathy)対策

BSEに対する日本の安全対策が

国際的にも認められました。

 

かつて、世界で、BSE(牛海綿状脳症)が発生したのは、

病気の牛の「プリオン」が、牛のえさに混ざったからでした。

このため、と畜場ではプリオンの蓄積しやすい部位を除去、焼却するとともに、

牛からとった原料を、牛のえさに混ざることがないよう規制しました。

 

対策は大きな効果をあげ、

日本では、2002年2月以降生まれた牛からは、

BSEは見つかっていません(2013年5月現在)。

 

2013年5月、日本は

国際機関(OIE:国際獣疫事務局)から、

BSEの「リスクが無視できる国」に認定されました。

 

安全対策の検証のため、

4才を超える牛を対象に、BSE検査を続けます。

 
国BSE啓発ポスター

 

島根県におけると畜場に搬入される牛のBSE検査の見直し

1 2013年5月13日、食品安全委員会が、「BSE検査対象月齢を48ヶ月超に引き上げても、人への健康影響は無視できる」と食品健康影響評価結果を示した

2 2013年5月28日、国際獣疫事務局(OIE)が、日本をBSEについて「リスクが無視できる国(いわゆる清浄国)」と認定した

3 県内の生産者、消費者等の団体から「全頭検査見直しに同意する意見」が多かったことなど

以上の点について、総合的に勘案し、次のとおり方針決定しました。

 

県の方針

1 本年7月1日から、BSE検査対象月齢を「48ヶ月齢超」に変更。

2 県内と畜場における特定部位の除去は、従来通り全月齢について実施。

3 消費者及び関係者等の理解が得られるよう、BSE対策や食肉の安全性について周知していく。

 

島根県におけるBSE対策

1 飼料規制(牛がBSEに感染しないようにする対策)の徹底

 

2 特定部位の除去及び焼却(人がBSEに感染しないようにする対策)の徹底

 

3 BSE検査(異常プリオンの有無を調べる検査)の実施  検査対象:48ヶ月齢(4歳)超の牛

  <BSE検査結果> 

  薬事衛生課「牛海綿状脳症(BSE)の検査結果」

 

  島根県家畜病性鑑定室「死亡牛のBSE検査結果」

 

4 厚生労働省ホームページ「牛海綿状脳症(BSE)対策に関するQ&A」

 

 

参考

検査対象月齢の見直しに関する詳しい資料は、食品安全委員会及び厚生労働省の各ホームページをご参照ください。

 

牛海綿状脳症(BSE)対策の見直しに係る食品健康影響評価(2013年5月)

  食品安全委員会は、検査対象月齢を48か月齢超に引き上げても、人への健康影響は無視できると判断しました。

   詳細は、 食品安全委員会ホームページ「BSEに関する情報」 をご参照ください。

 

厚生労働省によるBSE対策の見直しに関する説明

  厚生労働省は、2013年5月の食品安全委員会の答申に基づき、BSE対策の見直しを行いました。

   詳細は、 厚生労働省ホームページ「牛海綿状脳症(BSE)について」 をご参照ください。

 

我が国のBSEステータス(「無視できるBSEリスク」の国)認定に関する説明

  2013年5月、国際獣疫事務局(OIE)総会において、国際的なBSEの安全性格付け(BSEステータス)の最上位である「無視できるBSEリスク」の国に認定されました。

   詳細は、 農林水産省ホームページ「牛海綿状脳症(BSE)関係」 をご参照ください。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp