• 背景色 
  • 文字サイズ 

開設20周年スローガンは「原点回帰」

平成30年4月2日(月)天気晴れ

 

 例年になく厳しい冬でしたが、一気に春の陽気に恵まれてセンター周辺の雪もようやく完全に溶けたように思います。

敷地内の桜とこぶしの花が一斉に開花し、待ちに待った春の到来なのですが、同時に花粉の飛散量も例年になく多く、

私を含め花粉症のある者にとってはちょっと辛い春でもあります。

 

写真1写真2

 

 今日から平成30年度がスタートしましたが、人事異動で新たに迎えた10名の新入職員を迎えることになりました。

新メンバーの加入でセンターにどんな良い変化が起きるのか、今から大いに期待しているところです。

 

 また、今日から新たに「きのこ・特用林産科」もスタートしました。エノキタケの新品種による更なるキノコ振興

が図られるようセンター全体で協力していきたいと思います。

 

 さて、当センターは平成10年4月が発足してから、今年度でちょうど20周年を迎えました。これまで当センターの

発展に尽力された諸先輩や地域の皆様に改めて感謝しつつ、今日を迎えられたことを共に喜びたいと思います。

 

 ところで、プロ野球の各球団は毎年スローガンを掲げてそれぞれの選手が気持ちを一つにして1年間戦いますが、

当センターでも今年度1年間、20周年に相応しいスローガンを掲げて職員一丸となって頑張っていこうと思います。

 

 そのスローガンは、「原点回帰(=発展)」です。

 

 原点に戻ったら「発展」にならないのではないかと思われる方もあるかもしれませんが、哲学者のヘーゲルは、

「事物の螺旋的発展」という考えを述べています。物事の進歩・発展の様相は、あたかも螺旋階段を登るがごとく、

横から見れば右肩上がりに上昇していくが、上から見れば円を描いて元に戻ってくるように見えるとの洞察です。

つまり、発展とは、視点を変えれば原点回帰であり、発展した未来は、実は原点より一段上のところに存在するのだ

ということです。

 

 センターの原点、それは分野横断型研究・総合研究の実践です。新しいメンバーでも、更に一段上のレベルの地点

に到達できるよう共に精進していきたいと思います。

 

 本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

☆★☆所長嶋田☆★☆

 

前回のコラム

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp