• 背景色 
  • 文字サイズ 

趣旨

 

シンボルマーク島根県民文化祭

島根県民文化祭は、広く県民によって企画運営され、多くの県民が参加し創り上げることによって、多彩でいきいきとした「しまね文化」を創造し、県民の暮らしに潤いと活力をもたらすことを目的として、島根県文化団体連合会(注)ほかが開催しています。

また、未来の文化の担い手を育成し、文化の香りに包まれた魅力あふれる島根の実現を目指し、広く若者を取り込んだ文化祭とします。

 

(注)島根県文化団体連合会とは

島根の文化振興を目的として、県内の音楽、演劇、舞踊、伝統芸能、美術、文芸などの団体によって、平成14年7月に設立されました。主な活動は、文化団体相互の連絡調整、島根県民文化祭の企画・実施、文化団体の育成等。会員には分野別の県域文化団体と市町村文化協会など46団体が加盟。賛助会員として報道機関など20団体が参加しています。

 

第14回県民文化祭(平成28年度)

 

第14回(平成28年度)

総合美術展(県展)、特別参加展、文芸フェスタなどのほか、県内各地で様々な催しが行われます。

 

これまでに開催された県民文化祭

島根県民文化祭シンボルマーク

シンボルマークこのシンボルマークは、島根県民文化祭のイニシャル「S」をモチーフに、自由な発想がいきいきと発信するさまを表しています。

制作者は、秋田県在住の松澤博さんです。

 

 

 

 

島根県民文化祭オリジナル曲

 島根県文化団体連合会が、「島根県民文化祭オリジナル曲」の歌詞を募集したところ、全国各地から164点ものご応募がありました。その中から、東京都の保岡直樹さんの作品「海の天使A-GO!」が最優秀賞に輝き、県民文化祭オリジナル曲として採用されました。島根県を代表する魚であるトビウオを主人公にし、県内でトビウオが通称「アゴ」と呼ばれていることにかけた「GO!GO!アゴー!」というフレーズなどに島根らしさが表れており、躍動感にあふれ、夢や希望を感じられる歌詞です。

 作曲は、「マツケンサンバII」などで有名な作曲家の宮川彬良さん。サンバ調でノリのいい明るく元気が出る曲です。このオリジナル曲には、県民文化祭を盛り上げ、島根の音楽財産となるとともに、県内はもとより、全国に広まって、多くの方々に長く歌い継がれていくよう期待が込められています。

 

オリジナル曲の歌詞

「海の天使A-GO!」の歌詞を紹介します。

 

オリジナル曲の吹奏楽譜について

「海の天使A-GO!」の吹奏楽譜が販売されています。

作詞:保岡直樹

作曲:宮川彬良

編曲:杉本幸一
内容:スコア・合唱譜・パート譜一式

この楽譜は、(株)東京ハッスルコピーで取り扱っています。

編成や購入方法等については、(株)東京ハッスルコピーのサイト(吹奏楽譜紹介のページ(外部サイト))をご覧ください。

 



お問い合わせ先

文化国際課

島根県環境生活部文化国際課
【住 所】
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
【電 話】
○国際交流グループ 0852-22-6493
○文化振興室 0852-22-5878
○島根県パスポートセンター 0852-27-8686
【FAX】
○国際交流グループ・文化振興室 0852-22-6412
○島根県パスポートセンター 0852-25-9506
【E-mail】
○国際交流グループ bunka-kokusai@pref.shimane.lg.jp
○文化振興室 bunkashinko@pref.shimane.lg.jp
○島根県パスポートセンター passport@pref.shimane.lg.jp