• 背景色 
  • 文字サイズ 

11県知事共同で高速道路の早期整備を要望しました

概要

 高速道路の整備が遅れている11県(山形、福井、和歌山、鳥取、島根、山口、徳島、愛媛、高知、大分、宮崎)で結成した「高速道路のミッシングリンクを解消し日本の再生を実現する11県知事会議」で太田国土交通大臣、大家財務大臣政務官、谷垣自由民主党幹事長へ山陰道の早期整備を要望しました。

 

国土交通省 財務省

 太田国土交通大臣へ要望(国土交通省)  大家財務大臣政務官へ要望(財務省)

 

自由民主党

 谷垣自由民主党幹事長へ要望(自由民主党本部)

 

 

日程

平成27年7月14日

 14:00〜14:15 太田国土交通大臣へ要望(国土交通省)

 15:40〜15:55 大家財務大臣政務官(財務省)

 16:15〜16:30 谷垣自由民主党幹事長(自由民主党本部)

 

要望内容

・高速道路ネットワークは、「地方創生の道」であり、更には地域医療や災害発生時において「命の道」としても機能する波及効果の大きい基幹インフラであることから、成長戦略の観点からも国の責任において高速道路ネットワークの早期形成を着実に進めること。

 

・全国で残されているミッシングリンクを早期につなぎ、経済再生や国土のリダンダンシー等におけるストック効果を最大限発揮させるため、未事業化区間の計画段階評価などの速やかな実施と早期事業化を図ること。

 

・ミッシングリンクの解消が計画的かつ着実に進められるよう、平成28年度の高速道路関係予算の必要額を確保すること。

 

 要望書(PDF:9977KB)

 


お問い合わせ先

高速道路推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎6階)
Tel 0852-22-6570
Fax 0852-22-5190
highway@pref.shimane.lg.jp