• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県公共土木施設の老朽化対策

●はじめに

 島根県では、これまで社会経済活動や県民生活の向上に必要な社会資本である、多くの公共土木施設の建設や管理をしてきました。

 公共土木施設は、高度経済成長期(昭和30年(1955)頃〜昭和48年(1973)頃)以降に多く建設され、将来、経年による施設の老朽化が進行することにより維持管理費や更新費の増大が予想されます。

 今後、老朽化が進む公共土木施設を適切な維持管理手法(メンテナンスサイクル)により、県民に安全、安心な社会資本の提供を行っていきます。

 また、公共土木施設の維持管理・更新等の必要性や重要性に対する県民の理解を促進するとともに、老朽化が進む公共土木施設の安全性に対する不安を払拭するため、必要な情報について広く発信し、共有していきます。

 

●「島根県公共土木施設長寿命化計画」について

 土木部では、道路、河川等の公共土木施設について、今後進行が予想される老朽化の対策を実施するための基本的な方針や目標を定めた、「島根県公共土木施設長寿命化計画」を策定しました。

 

 ・島根県公共土木施設長寿命化計画(PDFファイル3,755KB)

 

 平成27年10月19日(月)から同年11月17日(火)までの間に実施した「島根県公共土木施設長寿命化計画」(案)についてのパブリックコメント(意見募集)の結果については、こちらをご覧ください。

 

1.土木部の取り組み

○基本情報

 県管理の長寿命化対象施設数、老朽化の状況等、基本情報を紹介します。

 

インフラ長寿命化計画体系図

長寿命化対象施設

50年経過の施設割耐用年数の考え方

 

○取り組みの考え方

 メンテナンスサイクルを核とした、土木部の取り組み方針をご紹介します。

 

メンテナンスサイクルの構築

点検

診断

措置

記録(維持管理システムの構築)

今後10年間に取り組むもの

 

2.点検・診断情報

○基本情報

○総点検の実施状況

○定期点検結果

3.HOT情報

○研修情報

○ホットな情報

4.関連リンク


お問い合わせ先

技術管理課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
TEL 0852-22-5652
FAX 0852-25-6329
e-mail gijyutsu@pref.shimane.lg.jp