• 背景色 
  • 文字サイズ 

特定建築物について

 建築物における衛生的環境の確保に関する法律(昭和45年法律第20号)に規定する「特定建築物」に該当する建築物の所有者等は、建築物環境衛生管理基準に従って

 その建築物の維持管理を行う等の義務があります。

特定建築物とは

次のいずれかに該当する建築物は、建築物における衛生的環境の確保に関する法律に規定する特定建築物に該当します。

1以下の用途に供される部分の延べ面積が3,000m2以上の建築物

・興業場、百貨店、集会場、図書館、博物館、美術館又は遊技場

・店舗又は事務所

・学校教育法第1条に規定する学校以外の学校(研修所を含む。)

・旅館

2専ら学校教育法第1条に規定する学校の用途に供される建築物で延べ面積が8,000m2以上のもの

特定建築物の所有者等の責務

1建築物環境衛生管理基準に従った維持管理

 建築物における衛生的環境の確保に関する法律では、建築物の空気環境の調整、給水及び排水の管理、清掃、ねずみ、昆虫等の防除その他環境衛生上良好な状態を維持するために必要な措置について、「建築物環境衛生管理基準」を定めています。

 特定建築物の所有者、占有者その他の者でその特定建築物の維持管理について権限を有する者は、この基準に従って建築物の維持管理をしなければなりません。

 「建築物環境衛生管理基準」の具体的な内容はこちらのページをご覧ください。

2特定建築物についての届出等

 特定建築物の所有者等は、その特定建築物の使用を開始したときは、その日から1箇月以内に、特定建築物の所在場所、用途、延べ面積及び構造設備の概要、建築物環境衛生管理技術者の氏名等について知事に届出なければなりません。

 また、届出事項に変更があったとき等は、その日から1箇月以内にその旨を届出なければなりません。

届出先

特定建築物の所在場所を管轄する保健所が届出窓口となります。各保健所の管轄区域及び所在地はこちらのページをご覧ください。

届出様式

各種申請等の様式集のページからダウンロードできます。

3建築物環境衛生管理技術者の選任

 特定建築物の所有者等は、その特定建築物の維持管理が環境衛生上適正に行われるように監督をさせるため、建築物環境衛生管理技術者免状を有する者を、建築物環境衛生管理技術者に選任しなければなりません。

4帳簿書類の備付け

特定建築物の所有者等は、特定建築物の維持管理に関し環境衛生上必要な事項を記載した以下の帳簿書類を備えておかなければなりません。

  • 管理基準に掲げる事項(空気環境の調整、給水及び排水の管理、清掃及びねずみ、昆虫等の防除)に関して行った措置、測定・検査の結果、設備の点検、整備状況等について記載した帳簿書類(5年間保存)
  • 建築物の平面図及び断面図、建築物の維持管理に関する設備の配置図及び系統図(最新のものを常備)
  • その他維持管理に関し環境衛生上必要な事項を記載した帳簿書類(5年間保存)

ビル管理業登録業者一覧


お問い合わせ先

薬事衛生課

〒690-0887 島根県松江市殿町128番地(県庁東庁舎)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp