• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館

第50回島根県総合美術展

日ごろから美術に親しむ県民の皆様の作品を公募し、総合的な美術展を開催します。

開催期間:11月11日(土)〜19日(日)

第50回島根県総合美術展(外部サイト)

 

島根県立古代出雲歴史博物館

島根の仏像−平安時代のほとけ・人・祈り−

「人」が「ほとけ」に「祈り」を捧げる、その営みのなかで「仏像」は造られます。当館と前身の島根県立博物館では、これまで島根県内に伝わる数々の優れた仏像を紹介してきました。こうした「仏像」の存在は、かつて島根において、「ほとけ」をめぐる人々の豊かな営みがあったことを物語ります。
本展では、なかでも特に個性的な仏像が多く作られた平安時代に着目し、仏像の魅力を通して、その営みに迫ります。

開催期間:開催中〜12月4日(月)

島根の仏像−平安時代のほとけ・人・祈り−(外部サイト)

 

島根県立八雲立つ風土記の丘

企画「古代人の姿」

見返りの鹿埴輪で有名な島根県・平所遺跡では、実は出雲では珍しい人物埴輪の頭部が3体出土しています。そしてその中の1体には入れ墨が施されていました。

この平所遺跡出土人物埴輪を中心に、古代の人々がどんな姿だったのか、土偶や埴輪、装身具などからその姿を追います。

開催期間:開催中〜11月19日(日)

企画「古代人の姿」(外部サイト)

 

宍道湖自然館ゴビウス

常設展示

汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、島根県の川や宍道湖・中海に生息する生きもの約200種類1万点を展示しています。

 

出雲弥生の森博物館

島根県立三瓶自然館サヒメル

世界遺産写真展〜写真で巡る世界遺産の旅〜

旅する世界遺産研究家久保美智代氏が撮影した世界中の世界遺産の写真約350点を「仁摩サンドミュージアム」「石見銀山世界遺産センター」「三瓶自然館サヒメル」にて一挙公開。3施設がそれぞれテーマを設けて公開します。
この秋、島根県大田市で世界遺産を堪能してください!

開催期間:開催中〜12月24日(日)

世界遺産写真展〜写真で巡る世界遺産の旅〜(外部サイト)

 

企画かはくから恐竜がやってきた

国立科学博物館(かはく)の巡回ミュージアム。

肉食恐竜・タルボサウルスの全身骨格標本をはじめ、恐竜化石を多数展示。

最新の研究成果に基づいて、恐竜から鳥への進化や恐竜の子育てについて詳しく紹介します。

開催期間:開催中〜11月26日(日)

企画かはくから恐竜がやってきた(外部サイト)

 

三瓶小豆原埋没林公園

石見銀山世界遺産センター

世界遺産写真展〜写真で巡る世界遺産の旅〜

旅する世界遺産研究家久保美智代氏が撮影した世界中の世界遺産の写真約350点を「仁摩サンドミュージアム」「石見銀山世界遺産センター」「三瓶自然館サヒメル」にて一挙公開。3施設がそれぞれテーマを設けて公開します。
この秋、島根県大田市で世界遺産を堪能してください!

開催期間:開催中〜12月24日(日)

世界遺産写真展〜写真で巡る世界遺産の旅〜(外部サイト)

 

しまね海洋館アクアス

島根県芸術文化センターグラントワ

企画石見の戦国武将−戦乱と交易の中世−

平安時代末から戦国時代、石見国には益田氏をはじめとする武将が並び立ちました。益田家文書など地域ゆかりの資料や絵画、工芸品を通じ、石見の戦国武将の盛衰、対外交流と地域文化を紐解きます。

開催期間:開催中〜11月13日(月)

企画石見の戦国武将−戦乱と交易の中世−(外部サイト)

 

企画エドワード・ゴーリーの優雅な秘密

不思議な世界観とモノクロームの緻密な線描で、熱狂的なファンをもつエドワード・ゴーリー。原画や書籍など約350点により、その謎に満ちた優雅な秘密に迫ります。

開催期間:12月2日(土)〜2018年2月5日(月)

企画エドワード・ゴーリーの優雅な秘密(外部サイト)

 

しまね花の郷

松江城

松江歴史館

企画大美保関−出雲国の玄関口−

神代には「国引き」や「国譲り」の舞台となり、古来、海上交通の要衝であった美保関。そこには海の神である事代主神とその義母を祀る美保神社が鎮座し、海上での安全を祈願する船乗りや、五穀豊穣を祈願し関参りを行う民衆など多くの参拝客で賑いました。
本展では、美保神社への信仰や港町としての繁栄など美保関の歴史をひも解きます。

開催期間:開催中〜11月5日(日)

企画大美保関−出雲国の玄関口−(外部サイト)

 

和鋼博物館

安来市加納美術館

100年デザイ出西窯70年の歩み

「百年デザイン」を目指して制作を続けて来た出西窯のエ人たちの大地に生きた70年を辿ります。

開催期間:開催中〜12月24日(日)

100年デザイ出西窯70年の歩み(外部サイト)

 

足立美術館

秋季特別制定80年記文化勲章受章の作家たち

本展は文化勲章の制定80年を記念して開催するものです。当館コレクションの中から大観、栖鳳をはじめとする日本画家、これに彫刻家の平櫛田中を加え、19名の文化勲章受章作家の作品を一堂に展示いたします。それぞれの分野で頂点に立った作家の業績をたどり、その作品にふれることは、近・現代の美術史を概観することにもなるでしょう。当館のみならず、日本が誇る作家の名品を心ゆくまでお楽しみください。

開催期間:開催中〜11月30日(木)

秋季特別制定80年記文化勲章受章の作家たち(外部サイト)

 

田部美術館

モニュメントミュージアム来待ストーン

出雲玉作資料館

安部榮四郎記念館

出雲かんべの里

奥出雲たたらと刀剣館

鍛練実演

毎月第2日曜日・第4土曜日10時〜11時半・13時〜14時半

定期的に日本刀鍛練実演を公開しています。奥出雲町在住の島根県伝統工芸士小林三兄弟による見事な実演をご覧下さい。

 

出雲文化伝承館

交流35周出雲市友好交流都津山市・諫早三市交流展

出雲市は津山市・諫早市と昭和56年に三市友好交流都市提携を結んで以来、さまざまな分野で連携を深め、また相互交流をすすめてきました。
このたび交流35周年を迎えさらなる市民間の文化交流を深めるため、津山市と諫早市の歴史や文化を紹介する展覧会を開催します。

開催期間:開催中〜11月26日(日)

交流35周出雲市友好交流都津山市・諫早三市交流展(外部サイト)

 

出雲民藝館

手錢記念館

茶の湯の愉しみ〜真行草ってどんなもの?〜

茶の湯でよく使われる真・行・草という言葉は、何を意味しているのでしょう?

どんな道具、どんな点前の事を指しているのでしょう?

7回目となる茶の湯の企画展「茶の湯の愉しみ」。

今回は、そんな視点で何組かの道具組を行うとともに、様々な茶道具など、合わせて約100点を展示いたします。

開催期間:開催中〜12月24日(日)

茶の湯の愉しみ〜真行草ってどんなもの?〜(外部サイト)

 

平田本陣記念館

錦織恭一展−絵画にささげた生涯−

没後10年を迎えるにあたり、氏の画業を顕彰します。

開催期間:11月3日(祝・金)〜2018年1月21日(日)

錦織恭一展−絵画にささげた生涯−(外部サイト)

 

荒神谷博物館

企画出雲平野シリーズIII山持遺跡〜宍道湖西岸の交流地〜

弥生時代〜古代を中心に当時の人々の暮らしをご紹介致します。

開催期間:11月18日(土)〜2018年2月26日(月)

企画出雲平野シリーズIII山持遺跡〜宍道湖西岸の交流地〜(外部サイト)

 

仁摩サンドミュージアム

世界遺産写真展〜写真で巡る世界遺産の旅〜

旅する世界遺産研究家久保美智代氏が撮影した世界中の世界遺産の写真約350点を「仁摩サンドミュージアム」「石見銀山世界遺産センター」「三瓶自然館サヒメル」にて一挙公開。3施設がそれぞれテーマを設けて公開します。
この秋、島根県大田市で世界遺産を堪能してください!

開催期間:開催中〜12月24日(日)

世界遺産写真展〜写真で巡る世界遺産の旅〜(外部サイト)

 

浜田市世界こども美術館

第49浜田市美術展

石見地方に在住・出身の方から応募のあった、絵画・書・写真・自由作品・現代美術作品を展示します。

開催期間:

◆一般公募、審査員、招待者作品終了

◆児童生徒書写終了

◆児童生徒図画開催中〜11月1日(水)

第49浜田市美術展(外部サイト)

 

新聞紙の変身展

昨年開催した『ダンボールの変身展』に続き、【再生アートプロジェクトin浜田2017】として、新聞紙アートの魅力をたっぷりと紹介する展覧会を開催します。

開催期間:開催中〜2018年1月14日(日)

新聞紙の変身展(外部サイト)

 

浜田市浜田郷土資料館

石正美術館

石本正作品選III

青年時代から晩年に至るまでの画業の全貌を、展示作品を年4回に分けて入れ替えながら紹介する。

開催期間:開催中〜12月23日(土・祝)

石本正作品選III(外部サイト)

 

今井美術館

金澤翔子展

ダウン症でありながら、数々の大作を書き上げた金澤翔子の書道展

開催期間:開催中〜11月5日(日)

金澤翔子展(外部サイト)

 

瑞穂ハンザケ自然館

津和野日本遺産センター

安野光雅美術館

温泉津やきものの里

絲原記念館

奥出雲多根自然博物館

島根県などのミュージアムについてもっと知りたい方はこちら


お問い合わせ先

広島事務所

■■ 島根県広島事務所 ■■
 〒730-0032 広島県広島市中区立町1-23(ごうぎん広島ビル3F)
 TEL:082-541-2410  FAX:082-541-2412 
 E-mail:hishi@joe2.pref.shimane.jp