• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館

島根県立美術館コレクション企画みんなの美術室

開催期間:1月2日(火)~2月5日(月)

島根県立美術館が所蔵する版画・油彩・彫刻を中心に、<かたち><いろ><構成>や<技法><材料>など、美術をめぐるさまざまな要素について紐解きながらご紹介します。作品とともに分かりやすい資料をあわせて展示し、美術の基本を楽しく学ぶことができます。また、クイズパネル「アート7つのなぞ」やワークシート、持ち帰りできる鑑賞ガイド(小冊子)「‘みんなの’美術資料集※」などもご用意し、子どもも大人も美術に親しんでいただける工夫がいっぱいの展覧会です。

※本展をご観覧の方に配布します(部数に限りがあります。予めご了承ください)

島根県立美術館コレクション企画みんなの美術室(外部サイト)

 

島根県立古代出雲歴史博物館

常設展期間限定展出雲の神楽をささえる−林木屋神楽資料−

かつて面や衣裳、神楽道具などを神楽団体に専門に貸し出していた貸出屋、出雲市大津町の屋号「林木屋」は、貸出業を昭和50年代後半まで行っていました。昭和30年代には出雲市の11神楽団体に貸し出していたなど、林木屋神楽資料は出雲市の神楽の伝承を側面から支えていたといえるでしょう。
この度、林木屋神楽資料(神楽面236点・衣裳307点など)のほとんどが一括して当館に寄託される運びとなりました。これを記念して、神楽面を中心に林木屋神楽資料を紹介しながら、出雲市に伝わる神楽の内容に触れます。

開催期間:12月22日(金)~2018年1月28日(日)

常設展期間限定展出雲の神楽をささえる−林木屋神楽資料−(外部サイト)

 

島根県立八雲立つ風土記の丘

ガイダンス山代の郷ロビー展「ふるさとの民竹との暮らし」

竹は加工がしやすく抗菌性があり、台所用品やものを運ぶ籠など様々な場面で便利な道具として活躍しました。

竹で出来た民具を中心に展示し、楽しく遊ぶ水鉄砲など、昔懐かしい竹の利用も紹介します。

開催期間:12月16日(土)~2018年3月19日(月)

ガイダンス山代の郷ロビー展「ふるさとの民竹との暮らし」(外部サイト)

 

ミニ企画展「古墳時代の大刀」

古墳時代、大陸から煌びやかな文化が到来しました。その中の一つに大刀があります。金銀で飾られ、緻密な装飾を施された豪勢な大刀を紹介します。

開催期間:12月23日(土・祝)~2018年2月25日(日)

ミニ企画展「古墳時代の大刀」(外部サイト)

 

宍道湖自然館ゴビウス

常設展示

汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、島根県の川や宍道湖・中海に生息する生きもの約200種類1万点を展示しています。

 

第37回特別展「ゴビウス縁結び水族館」

めでたい生きものが大集合!

開催期間:11月15日(水)~2018年1月22日(月)

第37回特別展「ゴビウス縁結び水族館」(外部サイト)

 

出雲弥生の森博物館

島根県立三瓶自然館サヒメル

冬期企画展「第38回SSP自然を楽しむ科学の眼」

生き物がみせるユニークな表情や一瞬の動き、地形と光がおりなす奇跡的な景観など、自然をとらえた写真作品約100点を一堂に展示するSSP(日本自然科学写真協会)による写真展。
お子さまには驚きと感動を、写真ファンは創作への意欲をかき立てられる作品群は必見です。

開催期間:12月23日(土・祝)~2018年1月28日(日)

冬期企画展「第38回SSP自然を楽しむ科学の眼」(外部サイト)

 

三瓶小豆原埋没林公園

石見銀山世界遺産センター

しまね海洋館アクアス

島根県芸術文化センターグラントワ

企画エドワード・ゴーリーの優雅な秘密

不思議な世界観とモノクロームの緻密な線描で、熱狂的なファンをもつエドワード・ゴーリー。原画や書籍など約350点により、その謎に満ちた優雅な秘密に迫ります。

開催期間:12月2日(土)〜2018年2月5日(月)

企画エドワード・ゴーリーの優雅な秘密(外部サイト)

 

しまね花の郷

松江城

松江歴史館

島根県書道教育連盟『開眼』師範会書展

島根県書道教育連盟の月刊書道誌「開眼」師範会会員の新作約170点を展示。
会員の漢字やかなの作品を通じて、「書」の魅力を紹介します。
観覧は無料ですので、お気軽にお越しください。

開催期間:12月1日(金)~2018年1月31日(水)

島根県書道教育連盟『開眼』師範会書展(外部サイト)

 

和鋼博物館

安来市加納美術館

没後五十年記木村栖画道一筋展

開催期間:1月11日(木)~4月3日(火)

今もなお多くの安来人に愛されている木村栖雲の芸術世界をご覧ください。

没後五十年記木村栖画道一筋展(外部サイト)

 

足立美術館

冬季特別知られざる日本画との出会発見!隠れた名画

あまり広く知られていない作品の数々を「隠れた名画」と称してご紹介いたします。
知られざる作家、名画との出会いをお楽しみください。

開催期間:12月1日(金)~2018年2月28日(水)

冬季特別知られざる日本画との出会発見!隠れた名画(外部サイト)

 

田部美術館

モニュメントミュージアム来待ストーン

出雲玉作資料館

安部榮四郎記念館

出雲かんべの里

奥出雲たたらと刀剣館

鍛練実演

毎月第2日曜日・第4土曜日10時〜11時半・13時〜14時半

定期的に日本刀鍛練実演を公開しています。奥出雲町在住の島根県伝統工芸士小林三兄弟による見事な実演をご覧下さい。

 

出雲文化伝承館

屏風と出雲の大国さま

開催期間:1月4日(木)~2月18日(日)

新春を寿ぎ、愛好家所蔵の屏風を展示し大画面の書画の魅力を紹介します。

あわせて「出雲の大国さま」を展示します。

 

出雲民藝館

手錢記念館

平田本陣記念館

錦織恭一展−絵画にささげた生涯−

没後10年を迎えるにあたり、氏の画業を顕彰します。

開催期間:11月3日(祝・金)〜2018年1月21日(日)

錦織恭一展−絵画にささげた生涯−(外部サイト)

 

荒神谷博物館

企画出雲平野シリーズIII山持遺跡〜宍道湖西岸の交流地〜

弥生時代〜古代を中心に当時の人々の暮らしをご紹介致します。

開催期間:11月18日(土)〜2018年2月26日(月)

企画出雲平野シリーズIII山持遺跡〜宍道湖西岸の交流地〜(外部サイト)

 

仁摩サンドミュージアム

アートのびんづめ~内田紀子個展~

開催期間:1月1日(月)~2月25日(日)

大田市在住内田紀子氏の抽象彫刻約20点、絵画約10点を展示。

内田氏の頭の中の表現の元ネタをびんに詰め、着想を得てアウトプットした作品をご覧いただけます。

アートの大樹の小さな一つの枝葉を感じていただけたら幸いです。

アートのびんづめ~内田紀子個展~(外部サイト)

 

浜田市世界こども美術館

新聞紙の変身展

昨年開催した『ダンボールの変身展』に続き、【再生アートプロジェクトin浜田2017】として、新聞紙アートの魅力をたっぷりと紹介する展覧会を開催します。

開催期間:10月14日(土)〜2018年1月14日(日)

新聞紙の変身展(外部サイト)

 

浜田こどもアンデパンダン展

開催期間:1月20日(土)~3月4日(日)

子どもたちの作品に優劣をつけることのない無審査・無賞の展覧会。

毎年魅力あふれる作品が数多く寄せられます。

浜田市内はもとより、海外の様々な国の子どもたちからの元気いっぱいの作品が大集合!

浜田こどもアンデパンダン展(外部サイト)

 

浜田市浜田郷土資料館

石正美術館

石本正作品選IV

開催期間:1月2日(火)~3月18日(日)

青年時代から晩年に至るまでの画業の全貌を、展示作品を年4回に分けて入れ替えながら紹介する。

石本正作品選IV(外部サイト)

 

石本正・心の眼1~私を感動させた日本画~

開催期間:1月2日(火)~3月18日(日)

「絵は心である」という、石本が生涯の画業において大切にし続けた信念の下に蒐集した、心ある素晴らしい作品の数々をご紹介します。

石本正・心の眼1~私を感動させた日本画~(外部サイト)

 

今井美術館

今井美術館コレクション展

私たちと同じ現代を生きる画家たちの「現代日本画」を紹介し、院展の出品作品など等身大のまなざしで捉え表現された作品を季節にあわせて展示いたします。
新たな日本画へ挑む熱い信念と気迫を感じていただけることでしょう。

開催期間:11月27日(月)~12月28日(木)

今井美術館コレクション展(外部サイト)

 

瑞穂ハンザケ自然館

津和野日本遺産センター

安野光雅美術館

温泉津やきものの里

絲原記念館

奥出雲多根自然博物館

島根県などのミュージアムについてもっと知りたい方はこちら


お問い合わせ先

広島事務所

■■ 島根県広島事務所 ■■
 〒730-0032 広島県広島市中区立町1-23(ごうぎん広島ビル3F)
 TEL:082-541-2410  FAX:082-541-2412 
 E-mail:hishi@joe2.pref.shimane.jp