• 背景色 
  • 文字サイズ 

クロマグロの資源管理について

 太平洋クロマグロは、近年、資源の悪い状態が続いており、水産庁指導の下、島根県の漁業者も含め全国の漁業者が厳しい資源管理に取り組んでいます。

 また、遊漁についても水産庁より、「遊漁におけるクロマグロの資源管理は、漁業者の操業自粛に歩調を合わせていくこととする」旨の方針が示されています。

 

我が国の漁獲管理について

 国の基本計画(試行)や各都道府県計画(試行)に基づき、漁獲を管理しています。

 国の基本計画(試行)や各都道府県計画(試行)は、水産庁ホームページ内の「第3管理期間におけるくろまぐろ型TACの試験実施について」(外部サイト)より確認できます。

 

我が国の漁獲状況

 我が国の太平洋クロマグロ(30kg未満)の漁獲状況(島根県含む)は、水産庁ホームページ内の「太平洋クロマグロの漁獲状況について」(外部サイト)より確認できます。

 

島根県の注意報等の発令状況(30kg未満の小型魚)

 

 操業自粛要請中

 

 現在、操業自粛(知事管理量の9割を超過)を要請しています。

 

 なお、日本全体としても、日本の漁獲上限の9割を超過しており、水産庁が全ての沿岸漁業者に対し、操業自粛を要請しています。

 水産庁報道発表資料「太平洋クロマグロ小型魚の漁獲に係る全ての沿岸漁業者に対する操業自粛要請の発出について(外部サイト)。」

 

※期間は、平成30年6月30日まで

 

遊漁者のみなさまへ


お問い合わせ先

水産課

 ≪お問い合わせ先≫
 島根県農林水産部水産課
 住 所:〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
 電 話:0852-22-5312
 FAX:0852-22-5929
 Eメール:tobiuo@pref.shimane.lg.jp