• 背景色 
  • 文字サイズ 

学校給食で“どんちっちアジ”が丸ごと利用されました!

  6 月13日から22日の「浜田市統一献立の日」の機会に合わせて、浜田市内全域の小中学校 28 校の学校給食において、浜田市のブランド魚の一つである、“どんちっちアジ”詳細については外部サイト)が丸ごと利用されました。

 この事業は、学校給食へ地元水産物を供給する仕組みづくりを行い、地元水産物の消費拡大を図ることを目的として実施しています。

給食で提供された“どんちっちアジ”について

 今回、給食で提供された“どんちっちアジ”は平均脂質含有量11%、重量約100gの正真正銘の“どんちっちアジ”です。浜田漁港に水揚げされた直後に地元加工業者が鰓・内臓・ゼイゴを除去して急速冷凍したもので、非常に高品質で魚本来の美味しさを味わうことができます。

給食メニュー

       (マアジの塩焼き)

地元水産業に関する出前授業について

 島根県浜田水産事務所では、“どんちっちアジ”給食に合わせて、要望があった小学校で出前授業を開催しました。内容は、島根県で行われている漁業の概要についての講義や脂質測定器を用いての“どんちっちアジ”の脂質測定実演、魚の食べ方指導です。授業中に、魚の名前当てクイズや直接生の魚に触れる体験を取り入れることで、生徒たちは最後まで楽しみながら地元水産業について理解を深めることができました。

クイズに答える生徒脂質測定の実演の様子魚に触れる生徒

( 左:クイズに答える生徒、中央:脂質測定の実演の様子、右:生の魚に触れて感触を確かめる生徒 )

丸ごと“どんちっちアジ”は生徒に大好評

 給食で提供した“どんちっちアジ”は骨付きの丸ごとでしたが、昨年度の取組み( 11 月掲載記事)と同様、全校において魚を苦手にしている生徒も含めたほぼ全員が完食するといううれしい結果に終わりました。生徒からは、「脂がのっていて美味しかった」、「骨が簡単に外れて食べやすかった」という感想を多く聞くことができました。また、各学校栄養教諭からは、「小学 1 年生でも上手に食べる生徒もいた」、「高学年ではおかわりしたいという子がたくさんいた」、「生徒にとって良い経験となった」、「生徒に魚の食べ方を指導することで、教職員も改めて勉強になった」との感想を聞くことができました。魚食離れが進む昨今ですが、“学校給食を通じて地元の美味しい魚を食べる”ということで魚食習慣を身につけてもらいたいと思います。

骨を上手に取り除く生徒美味しく完食1年生もきれいに食べました

( 左:骨を上手に取り除く生徒、中央:美味しく完食、右: 小学1 年生もきれいに食べました )

 

 今回の取り組みは、普段から積極的に魚食普及に取り組まれている浜田市内の各学校栄養教諭、浜田市教育委員会、島根県学校給食会、地元加工業者ほかの皆様の多大なるご協力をいただいて実施できたものです。今後も地元の美味しい魚を給食で食べてもらえるような仕組みづくりを進めていきます。


お問い合わせ先

浜田水産事務所

島根県浜田水産事務所
〒697-0041
島根県浜田市片庭町254 浜田合同庁舎5階
電話番号 0855-29-5630
FAX番号 0855-22-5637