• 背景色 
  • 文字サイズ 

ぶどう新品種候補の試作参加農業者公募について

目的

 県が開発した赤色大粒系ぶどう新品種候補「 S 3012」系統について、県内各産地に試作園を設置することにより、速やかに栽培普及させることを目的とします。

 

募集内容

 「S3012」系統の試作に参加する農業者を募集します。S3012系統参考資料

 

応募対象者

 県内に活動の拠点を有している法人又は県内に住所を有する個人で、県内での営農実態があること。

 

応募の条件

応募にあたっては、以下のすべてを満たすことを条件とします。

(1)農業者自らが県内に所有あるいは利用するぶどう栽培用施設(雨よけ可能な施設で、トンネルメッシュ簡易被覆を含む)で栽培できること。

(2)概ね5a以上のまとまりで(概ね10本以上)栽培ができること。なお、上限面積は10a(概ね20本)とする。

(3)やむを得ない事由が発生した場合を除き、苗木の配付から最低5年間(平成35年度まで)栽培を継続すること。

(4)農業技術センター等の助言・指導に基づく栽培に取り組み、適切な管理が実施されているか確認するために行う、調査等に協力できること。

(5)所定様式に基づいた生育状況の記録や栽培に関するアンケートに協力できること。

 

費用負担

 試作に必要な苗木は、島根県農業技術センターが別に定める規程に基づき提供しますが、その他一切の経費は、農業者の負担とします。

 なお、栽培に関わるいかなる損害も県が補償することはありません。

 

遵守事項

試作にあたっては、以下のすべての事項を遵守するものとします。

(1)配付された苗木は、試作園以外での栽培に使用しないこと。

(2)配付された苗木の枝を穂木に使って苗木を増殖しないこと。

(3)配付された苗木から発生するせん定枝等は、有償、無償を問わず第三者へ譲渡しないこと。

(4)配付した「S3012」系統の栽培をやめる場合は、樹体のすべてを焼却処分すること。なお、焼却方法については、栽培市町村の取り決めに従うこと。

(5)県内農業者の視察依頼に協力いただく一方、県外農業者の視察は、当分の間、受け入れないこと。

 

試作参加者の選定方法

所定の応募申込書の内容を確認し、下記の優先順位により決定します。

また、ぶどう栽培の経験年数や後継者の有無等についても考慮し、必要に応じて栽培予定地の現地確認を行います。

(1)優先順位

ア新植

イ巨峰・ピオーネ等(デラウェア及びシャインマスカット以外)からの改植

ウ生育障害(糖度上昇遅延のシャインマスカット等)が発生するぶどうの改植

 なお、デラウェアの改植は、原則不可とします。

 

結果の通知

 応募いただいたすべての農業者に結果を文書で通知します。

 また、試作参加者に決定した農業者からは、試作の実施内容に関して、上記の遵守事項を含む誓約書を提出していただきます。

 なお、試作参加者に決定した場合であっても、応募申込書に虚偽の記載があれば決定を取り消します。

 

応募方法

 所定の応募申込書に必要事項をご記入の上、県農産園芸課まで郵送、FAX、メールでお申し込みください。

 なお、応募申込書に記載漏れ等不備がある場合は、応募申込書を受理しませんので、該当する項目はすべて記入してください。

 

応募先

島根県農林水産部農産園芸課果樹グループあて

〒690-8501松江市殿町1番地

TEL0852-22-5125FAX0852-22-6036

メールnosan-engei@pref.shimane.lg.jp

 

公募期間

平成29年9月29日(金)まで(郵送の場合、消印有効)

 

公募要領及び応募申込書のダウンロード

 公募要領のダウンロード

 公募要領PDF

 

 応募申込書ダウンロード

 応募申込書PDF

 応募申込書エクセル

 


お問い合わせ先

農産園芸課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5131
FAX:0852-22-6036
nosan-engei@pref.shimane.lg.jp