トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症対策 > 感染症情報トップ > 月報
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 月報
グラフ一覧

前月へ 島根県感染症情報(月報) 2016年7月 次月へ
県内情報週報の月集計データSTD・基幹定点月報全数報告疾患(全国)
1.県内感染症情報
1)全数報告感染症(1〜5類感染症)[ ]は無症状病原体保有者を再掲
 結核が7件[1](松江圏域2件、出雲圏域1件、大田圏域1件、浜田圏域2件[1]、益田圏域1件)、腸管出血性大腸菌感染症(O157)が1件(出雲圏域)、日本紅斑熱が2件(出雲圏域)、レジオネラ症が1件(松江圏域)、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が1件(出雲圏域)、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症が1件(出雲圏域)報告されています。
*週報報告医療機関からの報告患者数(4週換算) :5月 1,438件 6月 1,749件 7月 1,208件
2)インフルエンザおよび小児科定点報告( )内は月の定点当たり報告数(4週換算) [ ]は週当り定点当り報告数
○インフルエンザ :(0.1)。県内全域の流行は終息していますが、松江圏域及び出雲圏域で散発的な患者発生報告があります。 A型が医療機関で検出(迅速診断)されており注意が必要です。
○感染性胃腸炎 :(20.6)。県内全域の患者報告数は減少していますが、大田圏域(34)、松江圏域(33)及び出雲圏域(18)等、各圏域で患者発生報告が続いています。引き続き、手洗いの励行と食品の取扱いに注意しましょう。
○A群溶連菌咽頭炎 :(7.8)。県内全域の患者報告数は減少していますが、松江圏域(17)、出雲圏域(9)及び雲南圏域(6)ほか、隠岐圏域を除く各圏域で患者発生報告があります。合併症等が問題となる疾患ですので注意が必要です。
○流行性耳下腺炎 :(5.2)。県内全域の患者報告数は増加しており、6月以降、過去5年間の同期に比べ多い状況が続いています。 特に、益田圏域(10)では第29週[3.3]に警報レベル[3.0]を超える流行となっているほか、松江圏域(8)、出雲圏域(5)、浜田圏域(2)及び雲南圏域(2)で患者発生報告があり注意が必要です。
〇ヘルパンギーナ :(4.8)。県内全域の患者報告数は6月をピークに減少していますが、隠岐圏域(9)では第27週[7.0]に警報レベル[6.0]を超える流行となっているほか、大田圏域(13)及び出雲圏域(8)等各圏域で患者発生報告があります。
○伝染性紅斑 :(4.0)。県内全域の患者報告数は6月をピークに減少傾向ですが、過去5年間の同期に比べ多い状況が続いており、特に、出雲圏域(9)では5月中旬(第19週)以降、週の定点当り患者報告数が警報レベル[2.0]を超える流行が続いています。 また、松江圏域(5)も第27週[2.3]に警報レベル[2.0]を超える流行となっているほか、益田圏域(2)及び大田圏域(2)で患者報告があります。妊娠中(特に、妊娠初期)の感染により胎児に危険が及ぶこともあるため注意が必要です。
○咽頭結膜熱 :(3.9)。「プール熱」とも言われ夏季を中心に流行します。県内全域の患者報告数は減少していますが、出雲圏域(8)及び松江圏域(5)で流行しているほか、雲南圏域(2)、浜田圏域(2)及び益田圏域(1)で患者発生報告があり引続き注意しましょう。
発生推移グラフ グラフ凡例
流行性耳下腺炎報告推移グラフ 伝染性紅斑報告推移グラフ
3)眼科定点報告
 流行性角結膜炎が6件(松江圏域2件、浜田圏域4件)の患者発生報告があります。手洗い等感染予防を心掛けましょう。
4)性感染症報告
 性器クラミジア感染症が6件、性器ヘルペスウイルス感染症が5件、尖圭コンジローマが1件、淋菌感染症が3件の患者発生報告があります。
5)基幹病院報告
○無菌性髄膜炎 :7件(4週換算)。6月に比べ増加しており、出雲圏域でのみ小児4件及び成人3件の患者発生報告があります。
○マイコプラズマ肺炎 :20件(4週換算)。6月に比べ増加しており、雲南圏域では14件と患者報告数の多い状態が続いています。
○メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症 :24件。2015年の月平均患者発生報告数25.7件とほぼ同等の患者発生報告があり、70歳以上が20件(83%)を占めています。
○ペニシリン耐性肺炎球菌感染症 :2件。西部で2件の患者発生報告(70歳以上)があります。
2.病原体検出情報(2016年6月〜2016年7月までの検出結果)
 咽頭結膜熱は、アデノウイルス1型、2型及び3型が検出されています。ヘルパンギーナは、コクサッキーウイルスA4型が検出されています。 例年、夏場に検出されるパラインフルエンザ3型は、6月になり検出数が急増し、咽頭結膜熱や肺・気管支炎から多数検出されています。 コクサッキーウイルスB5型は、7月になり咽頭炎や胃腸炎からの検出が急増しています。
2016年6月から2016年7月までの診断名別病原体検出数:島根県保健環境科学研究所(一部抜粋)
ウイルス名アデノコクサッキーAコクサッキーBパレコパラインフルエンザライノヒトメタニューモ サポアストロパルボSFTSV合 計
123453 319
咽頭結膜熱32313 1291     34
感染性胃腸炎  2 4 1   22  11
ヘルパンギーナ   111         12
風しん(疑いを含む)            1 1
咽頭炎    6 21      9
肺・気管支炎  122 1145     25
熱性疾患   131 21     8
無菌性髄膜炎    1         1
SFTS             55
島根県感染症情報センター カウンター