トップ
島根県感染症情報
2018年 第36週
9/3〜9/9
県東中西隠 疾患名
××××× インフル
◎◎○◎× RSV感
××××× 咽頭結膜熱
○○○△× A群溶連菌
△△○○× 感胃腸炎
△×△×× 水痘
○○○○× 手足口病
××××× 伝染性紅班
××××× 百日咳
○△△△× ヘルパン
△×△△× 流耳下腺炎
××××× 出血結膜炎
△×△×× 角結膜炎
△××△× マイコ肺炎

〇RSウイルス感染症:県内全域(3.3)の患者報告数は増加しています。 松江圏域(6.8)および浜田圏域(5.0)で定点当り5.0人を超えて流行しているほか、出雲圏域(2.4)、太田圏域(1.0)および益田圏域(0.7)で患者発生報告があります。 年齢別では、2歳未満の乳幼児が7割強、2歳児がおよそ2割となっています。 例年より早い流行となっています。 咳エチケットを心掛け、手洗いや手指消毒で感染予防に努めましょう。
○感染性胃腸炎:県内全域(5.0)の患者報告数は第35週と比較して増加しています。 大田圏域(9.0)、益田圏域(6.7)、出雲圏域(5.8)および松江圏域(5.5)で定点当り5.0人を超えてやや流行しているほか、雲南圏域(4.5)および浜田圏域(0.7)で患者発生報告があります。
〇A群溶連菌咽頭炎:県内全域(1.7)の患者報告数は横ばいです。 出雲圏域(3.0)、松江圏域(2.7)、雲南圏域(1.5)および浜田圏域(1.0)で患者発生報告があります。
〇手足口病:県内全域(1.3)の患者報告数は横ばいです。 益田圏域(2.3)および浜田圏域(2.0)で定点当り2.0人を超えてやや流行しているほか、松江圏域(1.7)および出雲圏域(1.0)で患者発生報告があります。
〇ヘルパンギーナ:県内全域(0.3)の患者報告数は減少しています。 益田圏域(0.7)、出雲圏域(0.4)および松江圏域(0.3)で患者発生報告があります。
○流行性耳下腺炎:大田圏域(1.0)、浜田圏域(0.3)および出雲圏域(0.2)で患者発生報告があります。
○流行性角結膜炎:出雲圏域(3.0)の眼科定点で患者発生報告があります。


【記号の説明】
◎流行
〇やや流行
△散発
×発生なし
【疾患名】
・インフル=インフルエンザ
・RSV感=RSウイルス感染症
・咽頭結膜熱=(プール熱)
・A群溶連菌=A群溶連菌咽頭炎
・感胃腸炎=感染性胃腸炎
・水痘=(水ぼうそう)
・伝染性紅班=(りんご病)
・ヘルパン=ヘルパンギーナ(夏風邪)
・流耳下腺炎=流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
・出血結膜炎=急性出血性結膜炎
・角結膜炎=流行性角結膜炎
・マイコ肺炎=マイコプラズマ肺炎

島根県感染症情報センター