• 背景色 
  • 文字サイズ 

インフルエンザ流行注意報が発表されています!

みんなで予防!インフルエンザ

インフルエンザ流行状況

 インフルエンザについては、県内の発生状況を把握するため、感染症発生動向調査に基づき定点医療機関(38医療機関)から、毎週、患者数の報告を受けています。

 平成29年第3週(1月16日~1月22日)の県内定点医療機関当たりの報告数は20.4人となり、流行注意報の基準値(10人)を超えたため、1月25日に島根県薬事衛生課から「インフルエンザ流行注意報」が発表されました。

 同時期の出雲管内の定点医療機関当たりの報告数も20.1人となり、急増しています。

 最新のインフルエンザ患者発生状況はこちらをご覧ください。

 感染予防、感染拡大防止を心がけましょう。

 

 

感染予防対策

・手洗い、うがいをしっかり行いましょう。インフルエンザには手指のアルコール消毒も有効です。

・咳やくしゃみのある場合はマスクを着用しましょう。

・十分な睡眠時間、栄養のある食事をとり、体の抵抗力を高めましょう。

・部屋の湿度を50~60%に保ちましょう。空気が乾燥すると、気道の粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。

・なるべく人が集まる場所への外出を避けましょう。

 

感染してしまったら・・・

・発熱などの症状が出たら、早めに医療機関を受診しましょう。抗インフルエンザウイルス薬を早く(症状が出てから48時間以内)服用することで、発熱期間が通常1~2日短縮され、鼻やのどからのウイルス排出量も減少します。

・安静にして、休養をとりましょう。特に、睡眠を十分にとることが大切です。

・水分を十分に補給しましょう。お茶でもスープでも飲みたいものでよいです。

・咳やくしゃみなどの症状のあるときは、周りの人にうつさないようにマスクを着用しましょう。

・人混みへの外出を控え、無理をして学校や職場に行かないようにしましょう。一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。

 

リンク


お問い合わせ先

出雲保健所

〒693-0021 島根県出雲市塩冶町223-1
       
             島根県出雲保健所

   TEL :0853-21-1190
   FAX :0853-21-7428
   E-mail:izumo-hc@pref.shimane.lg.jp