• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県医療安全支援センター

 島根県では、平成16年度から「島根県医療安全相談窓口」を県庁医療政策課と各保健所に設置して、医療安全に関する相談等に応じています。

 平成19年度から医療安全相談窓口の業務を引き継ぎ、医療安全施策の普及・啓発をさらに推進するため、「島根県医療安全支援センター事業」を開始することとしました。

 

 

 

平成28年度医療安全推進研修会

研修の概要

 医療安全推進の意識啓発のため、県と公益社団法人島根県看護協会との共催で医療従事者の方を対象にした研修会を開催します。

 日時:平成28年10月8日(土)13:00から16:30まで

 内容:講演「みんなで考える医療のリスクマネジメントートラブル事例を題材にー」、パネルディスカッション

 チーム医療における現場のリスクマネジメントを考え、医療事故の再発防止、医療の安全性向上を図る。

 会場:パルメイト出雲4階パルメイトホール(出雲市今市町2065)

 

 →案内用のチラシ申込書

申込期限:平成28年9月26日(月)

 問い合わせ・申込先:島根県健康福祉部医療政策課医事グループ

 TEL:0852-22-6700/FAX:0852-22-6040

 

 

 

島根県医療安全支援センター事業について

 

事業の目的

 医療に関する患者・住民の苦情・心配や相談に対応し、医療機関に対する助言、情報提供及び研修、患者・住民に対する助言及び情報提供、並びに地域における意識啓発を図り医療安全を推進することによって、住民の医療に対する信頼を確保することを目的として、島根県医療安全支援センター事業を行います。

 

事業の内容

 

1.事業の運営について

(1)県健康福祉部医療政策課に医療安全支援センター事業(以下、「センター事業」という)の事務局をおきます。

(2)センター事業では、「医療安全相談窓口」を県医療政策課と各保健所に設置します。

 

2.事業の内容について

(1)患者・住民からの苦情や相談への対応

(2)患者・住民・医療機関等からの相談等に適切に対応するために行う、関係する機関・団体等との連絡調整

(3)医療安全の確保に関する必要な情報の収集及び提供

(4)研修会の受講等によるセンター、相談窓口の職員の資質の向上

(5)医療安全の確保に関する必要な相談事例の収集、分析及び情報提供

(6)保健所に置く相談窓口に対する助言・指導、相談職員に対する研修の実施

(7)医療安全施策の普及・啓発(医療提供施設等に関する情報提供や助言や研修、患者・住民に対する医療安全に係る啓発等を含む。)

 

2-(1)医療安全相談窓口の業務について

○患者・住民等からの医療に関する相談・苦情を受け、相談者に対する情報提供や必要に応じて関係する医療機関などへ連絡等を行います。

○ただし、医療内容のトラブル(当事者間での話し合いを勧める)、診療行為の是非や故意・過失の判断、責任の所在を判断・決定する機関ではありません。特定の医師や医療機関の紹介などの相談には応じません。

○医療相談の実情を把握・分析し、広く医療関係者に情報提供することにより、全体として医療機関における患者サービスの向上を図ります。

○相談内容が、医療関係法規所管部局等が対応すべき事項である場合は、当該所管部局担当者に対応を求めます。

○面談による相談等に対応する場合には、相談場所など相談者のプライバシー保護に配慮します。

 ★島根県医療安全相談窓口のご案内

 ★県内にある病院の医療安全相談窓口について

 医療機関(病院・診療所)は、患者等が安心して相談できる環境づくりに努めており、専用の窓口を設けて、相談に対応する医療機関もあります。

 

2-(2)医療の安全に関する情報の提供について

○地域における医療の質を向上するため、医療安全に資する情報の提供に努めます。

 <参考となる情報>

 国の支援事業に関する情報→「医療安全支援センター総合支援事業(外部サイト)」

 医療機関の医療安全確保に関する情報→財団法人医療機能評価機構(外部サイト)」の情報

 

2-(3)相談員の資質の向上

○相談職員の研修等(相談職員の資質向上)

 医療安全支援センター総合支援事業(事務局:東京大学大学院医学系研究科医療安全管理学講座)、国際予防医学リスクマネージメント連盟主催の研修等への参加

 「過去の研修内容」

 ★初任者研修;

 苦情・相談に対応するために必要となるコミュニケーションスキル(特にリスニングのスキル)についてロールプレイ等を通して習得する。

 ★実践研修;

 相談対応における必要な知識、効果的な患者啓発研修に必要な技術等を習得する。

また、医療安全支援センター職員とセンター設置地区内医療機関の医療安全・患者相談窓口がともに学習し、つながりを構築するなかで、日々の業務の円滑な推進を図る。

★医療安全教育セミナー;

 医療安全の動向と調査・教育、医療安全の最先端技術、医療安全のリスクコミュニケーションとコーチング

 

2-(4)研修の実施及び意識啓発について

(1)医療提供施設に対する意識啓発

 医療提供施設に対し、医療安全に関する制度、医療安全のための組織的な取組、事故分析・評価・対策、医療事故発生時の対応、コミュニケーション能力の向上、職員の教育研修、意識の向上等の内容が盛り込まれた研修を実施します。

(2)患者・住民に対する意識啓発

 患者・住民に対し、医療安全に資する幅広い情報の提供等により、診療における患者の主体的な自己決定の支援や医療安全の推進のための患者・住民の参加を促すなど意識の啓発を行います。

 


お問い合わせ先

医療政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県健康福祉部 医療政策課
TEL0852-22-6698(医事グループ)
   0852-22-6277(看護職員確保グループ)
   0852-22-6276(地域医療支援第一グループ)
  0852-22-6629(地域医療支援第二グループ)
   0852-22-5251(医師確保対策室)
FAX0852-22-6040
iryou@pref.shimane.lg.jp