• 背景色 
  • 文字サイズ 

移植医療について(移植医療とは)

○平成9年10月16日に「臓器の移値に関する法律」が施行され、我が国でも本人の書面による脳死判定に従う意思
表示と臓器提供の意思表示があり、それぞれ家族の同意があれば、脳死した方からの臓器移植が可能になりました。

○島根県では、移植医療の推進に取り組む体制を整備するため、平成10年2月に市町村及び関係者の皆様の御支援
により、公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根(旧財団法人島根難病研究所)に心臓や腎臓などの臓器のみなら

ず、角膜や骨髄移植も含めた移植の複合バンクである「しまねまごころバンク(外部サイト)」を設置しました。

<公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根島根県出雲市塩冶町>
(財)島根難病研究所
○あわせて「県臓器移植コーディネーター」を配置し、角膜のあっせんや移植医療の普及啓発を推進しています。
○とりわけ、臓器移植については「しまねまごころバンク」が中心となり、患者団体やライオンズクラブなど関係協力団体
との連携のもと、正しい情報の提供や、各種イベントへの参加を通じた啓発活動など、分かりやすい形の啓発を心がけ
ています。
 
 まごころバンク
 
○臓器移植に際して、必要不可欠なものは、「正しい知識と自由な判断」に基づく「善意の提供意思」と「ご家族の方の
 ご理解」です。
 皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 角膜移植はこちら

 腎臓移植はこちら

6/30(土)にイオン松江で骨髄バンク普及啓発イベントを実施します!

島根県内で移植医療の普及啓発を行っている『しまねまごころバンク』(公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根の中に設置)が、来る6/30(土)10:00~15:00、イオン松江ショッピングセンター新館1階吹き抜け広場で、骨髄ドナー登録説明会を開催します。

今回は、NPO法人しまね医療情報ネットワーク協会のご協力を頂き、「まめネット」の普及促進イベントとの同時開催です。

骨髄ドナーの説明と、まめネットの説明(&カード発行)が一度に聞ける貴重なチャンスです。詳細はこちらをご覧ください。

 

ミニライブ(11:00~、14:00~)、ガラポン、小さいお子さんへの風船プレゼント(キティちゃんの絵)、缶バッチ(骨髄バンクのマスコットキャラクター「まごころば」の絵)作成等楽しいイベント盛り沢山!

松江近辺にお住まいの方、近くにお立ち寄りの方は是非お越しください。お待ちしています。

 

島根県骨髄バンク登録推進指針について

移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する施策として、

平成30年4月から始まる新たな「島根県骨髄バンク登録推進指針」を策定しました。

指針の期間は、平成30年度から平成35年度(2023年度)までです。

 

指針については、こちら(pdf:606kb)を参照してください。

 

 

島根県立図書館で展示会を開催しました。【H30.5/2~6/6】

島根県内で移植医療の普及啓発を行っている『しまねまごころバンク』(公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根の中に設置)が、H30.5.2~6.6の間、島根県立図書館で移植医療に関する展示会を開催しました。

ご来場いただきありがとうございます。

    

引き続き、出前講座「やさしい移植のはなし」(外部サイト)も開催しています。こちらもよろしくお願いします。

  

<お問い合わせ先>

693-0021 出雲市塩冶町 223-7

公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根(しまねまごころバンク)

TEL: 0853-22-2556

 

島根県健康福祉部医療政策課地域医療支援第一グループ

TEL: 0852-22-5076 FAX:0852-22-6040

島根県版オリジナルデザイン臓器提供意思表示カ-ドを作成


お問い合わせ先

医療政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県健康福祉部 医療政策課
TEL0852-22-6698(医事グループ)
   0852-22-6277(看護職員確保グループ)
   0852-22-6276(地域医療支援第一グループ)
  0852-22-6629(地域医療支援第二グループ)
   0852-22-5251(医師確保対策室)
FAX0852-22-6040
iryou@pref.shimane.lg.jp