• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成29年九州北部豪雨(大分県)災害派遣等従事車両の取扱いについて

大分県内の被災地支援等を目的とする車両について、各高速道路会社が管理する有料道路の料金無料措置が講じられます。

 

1期間

変更後の措置期間:平成29年7月8日(土)から平成29年12月31日(日)まで

(変更前の措置期間:平成29年7月8日(土)から平成29年9月30日(土)まで)

 

2対象車両

(1)自治体が災害救援のために使用する車両

(2)災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

※(2)については以下の書類が必要です

 「災害派遣等従事車両証明の申請書(Word形式:46KB)」

 「災害派遣等従事車両証明に係るボランティア証明書(Word形式:42KB)」(ひちくボランティアセンター(日田市大鶴振興センター)から災害ボランティアに従事する者であることの確認を受けた書類)

 

3対象道路

以下の各道路会社が管理する道路

・西日本高速道路株式会社

・阪神高速道路株式会社

・本州四国連絡高速道路株式会社

・中日本高速道路株式会社

・東日本高速道路株式会社

・首都高速道路株式会社

 

・各地方道路公社(詳細は以下参照)

 青森県道路公社/宮城県道路公社/福島県道路公社/茨城県道路公社/栃木県道路公社/埼玉県道路公社/千葉県道路公社/神奈川県道路公社/長野県道路公社/山梨県地域整備公社/静岡県道路公社/愛知県道路公社/富山県道路公社/福井県道路公社/滋賀県道路公社/京都府道路公社/大阪府道路公社/兵庫県道路公社/奈良県道路公社/広島県道路公社/福岡県道路公社/佐賀県道路公社/長崎県道路公社/熊本県道路公社/宮崎県道路公社/鹿児島県道路公社/名古屋高速道路公社/広島高速道路公社/福岡北九州高速道路公社/神戸市道路公社/北九州市道路公社

 

4申請方法

■対象車両が上2対象車両(1)の場合

1.以下の書類を島根県防災部防災危機管理課又は最寄りの市町村へご提出ください。

・「災害派遣等従事車両証明の申請書(Word形式:46KB)」

 

■対象車両が上2対象車両(2)の場合

以下、1.により「災害派遣等従事車両証明に係るボランティア証明書(Word形式:42KB)」を取得した上で、

2.により「災害派遣等従事車両証明の申請書(Word形式:46KB)」の発行を申請してください。

 

1.「災害派遣等従事車両証明に係るボランティア証明書」を持参又はFAXで日田市大鶴振興センターへ提出してください。(説明図)

 大分県内(日田市)の災害ボランティアセンター情報はこちら→ひちくボランティアセンターからのお知らせ(PDF形式:78KB)

 ※提出先で内容を審査し、受け入れ予定であることを確認できた場合は、受付印が押印され返送されます

 

2.以下の書類を島根県防災部防災危機管理課又は最寄りの市町村へご提出ください。

・「災害派遣等従事車両証明の申請書」

・「災害派遣等従事車両証明に係るボランティア証明書(日田市大鶴振興センターの受付印が押印されたもの)」

 

 

島根県防災部防災危機管理課へ申請書を提出する場合、申請書の受付時間は、平日の8時30分から17時15分です。

各市町村の受付時間については、それぞれにお問い合わせください。

証明書の発行には時間がかかることもありますので、余裕を持った申請をお願いします。

 

大分県「平成29年7月5日からの九州北部豪雨による災害(日田市)に係る被災地支援のために使用する車両の取扱いについて」(外部サイト)

 

5高速道路通行時の留意事項

・入口では「一般」レーンまたは「ETC/一般」レーンで通行券を受け取り、出口では「一般」レーンまたは「ETC/一般」レーンで本証明書と通行券を係員にお渡しください。
 ※ただし、首都高速道路や阪神高速道路、地方道路公社管理の有料道路等、入口で料金精算を行っている場合には入口で本証明書を係員にお渡しください。
・ETC車載器にETCカードを挿入したまま「ETC/一般」レーンを通行すると、一時停止した場合であっても課金され、無料措置の適用が受けられません。
・本証明書に記載の入口IC、出口IC以外の利用はできません。(途中での出入りは不可)

 


お問い合わせ先

防災危機管理課

島根県防災部防災危機管理課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地
TEL(0852)-22-5885
FAX(0852)-22-5930
e-mail: bosai-kikikanri@pref.shimane.lg.jp