• 背景色 
  • 文字サイズ 

県民の歌「薄紫の山脈」

県民の歌「薄紫の山脈」についてご紹介します。

島根県民歌制定の経緯

 この歌は昭和26年、サンフランシスコ講和条約の締結を記念して制定されました。

 歌詞は公募により選ばれたもので、当時の県人口である90万人が一丸となって「新しい島根」を築いていこうという気概が込められており、その精神は今も受け継がれています。

 

※こちらからは音声を聞くことができます

薄紫の山脈

−島根県民の歌−

米山治作詞

古関裕而作曲

 

譜面

薄紫の山脈の楽譜

歌詞

 

一、薄紫の山脈(やまなみ)は
はるか希望の雲を呼び
磯風清き六十里
みどりの海に春たてば
おきの島山夢のごと
あゝうるわしのわが島根

 

二、山に幸あり山を踏め
海に幸あり波に乗れ
玉なす汗を陽にあびて
働くところ日本の
行手かゞやく光あり
あゝゆたかなるわが島根

 

三、香りゆかしき伝説の
み国譲りの往古(むかし)より
こゝろ一つにむつびあう
九十万の県民の
平和の歌は今ぞ湧く
あゝやすらけきわが島根

 


 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp