• 背景色 
  • 文字サイズ 



9月8日のトピックス(全国和牛能力共進会)

和牛能力共進会会場で島根県代表を激励しました

【宮城県】

現地激励会

[写真]現地激励会

 

宮城全共会場

[写真]会場牛舎内

 

 

 9月7日から5日間の日程で開催されている第11回全国和牛能力共進会(宮城全共)の会場(夢メッセみやぎ:仙台市)を、7日(木)から8日(金)にかけて訪問しました。

7日夜には、現地での激励会に参加し、知事は「しまね和牛の復活と、反転攻勢の始まりとなる大会となることを大いに期待しています」と関係者を激励。

 また、8日は、大会会場の牛舎を訪問し、出品者から牛の状況や意気込みをお聞きし、その後コンベンションホールを活用した広い会場で牛の審査を見学しました。

 

※全国和牛能力共進会は、5年に一度開催され、和牛のオリンピックと称されます。

 全国39道府県から513頭、島根県からは26頭を出品しました。

 

【島根県出品牛の主な成績】

 ○第3区(若雌)優等賞14席

 出品者:奥出雲長谷川隆寿(1頭)

 ○第5区(繁殖雌牛群)優等賞6席

 出品者:奥出雲金倉弘美、井上昭、福本成美、佐藤安則(各1頭)

 ○第8区(若雄後代検定牛群)優等賞8席

 出品者:出雲伊藤誠司(2頭)、(有)藤増(1頭)






お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp