• 背景色 
  • 文字サイズ 
前月2018年1月次月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123

ページ一覧

1月9日のトピックス(包括業務提携)

日本郵便株式会社と包括業務提携を締結しました

【県庁301会議室】

長谷川実中国支社長

〔写真〕長谷川実中国支社長

 

 

島根県は、地域の一層の活性化と県民サービスの向上を図るため、さまざまな分野で民間企業との協働事業を進めています。

この日は、日本郵便株式会社と包括業務提携を締結しました。

知事は、「地域の見守り活動への支援や、特殊詐欺被害の防止対策など幅広い効果を期待しています。互いに連携しながら、地域の様々な課題に迅速かつ適切に対応していきたい」と述べました。

 同社の長谷川実中国支社長は、「郵便局を更に身近なものに感じて貰えるよう、様々な協働事業を県と行い、地域の活性化や県民サービスの向上に寄与したい」と話されました。


2018年1月9日

1月4日のトピックス(仕事始め式)

県庁仕事始め式

【県庁講堂】

幹部職員ら260名が出席

〔写真〕幹部職員ら260名が出席

訓示する知事

 

 新年を迎え、県庁の仕事始め式が行われました。

「2018年は、2020年の東京オリンピックなどを見据え、国内外の人々に来てもらえるように島根の魅力をブラッシュアップする年」と知事。そのためにも、「島根県総合戦略の着実な推進が我々に課された大事な任務」と職員に訓示しました。そのほか、北朝鮮の情勢に万全を期さねばならないことなどにも触れ、「県民にとって良い年となるよう、県庁一丸となって、全力をあげてまいりましょう」と締めくくりました。

 


2018年1月4日

12月15日のトピックス(しまね働く女性きらめき応援会議)

しまね働く女性きらめき応援会議に出席しました

【ホテル白鳥】

あいさつする知事

〔写真〕あいさつする知事

 

会議のようす

〔写真〕会議のようす

 

 

 「しまね働く女性きらめき応援会議」では、昨年10月の設立以来、経済団体等の関係団体、教育機関、行政が一体となり、職場における女性活躍の推進のため、様々な事業を実施しています。

今回の会議では、女性の活躍を進めるための今後の目標や、その実現のためのロードマップなどを決定しました。

知事は「皆様とともに、全国一働きやすく、女性が活躍する県の実現を目指し、取り組んでまいります」と述べました。


2017年12月15日

12月13日の知事トピックス(県立大学出雲キャンパス新棟竣工式)

県立大学出雲キャンパス新棟竣工式

【出雲キャンパス】

あいさつする知事

〔写真〕あいさつする知事

 

 県立大学出雲キャンパスの新棟が完成し、竣工式を開催しました。

この新棟は、来年4月からスタートする4年制の看護栄養学部に対応したもので、講義室、演習室、各種実験・実習室、共同研究室などが整備されています。

知事は「生活様式が多様化する中、生活習慣の増加などが課題となっています。また、高齢化が進むしまねでは、高齢者の健康寿命を延ばす取り組みを進めており、多様なニーズに対応する人材を育成するために看護栄養学部には大きな役割が期待されます」と述べました。


2017年12月13日

12月11日のトピックス(いわみ福祉会のみなさん)

石見神楽のフランス公演を終えたいわみ福祉会のみなさんが訪問

【知事室】

岡さん

〔写真〕「自信につながった」と話す岡大介さん(中央)

 

川本さん

〔写真〕川本淳司さん(中央)は楽人として出演

 

 

 10月にフランスのナント市で開催された、障がい者の文化芸術国際交流事業「2017ジャパン×ナントプロジェクト」。

このイベントで石見神楽を披露された、社会福祉法人いわみ福祉会(浜田市)のみなさんが知事室を訪問されました。

いわみ福祉会の石見神楽は、衣装や面もメンバーの手作り。障がい者と健常者が一緒になって作り上げた舞台はフランスで盛大なスタンディングオベーションを受けたそうで、「神楽ではアンコールなんてもらうことはありませんから、戸惑ってしまいました」と室崎富恵理事長はエピソードを話されました。

フランスの舞台で大蛇を舞った岡大介さんは、「海外公演の成功で自信がつき、仕事の自信にもつながりました」と感想を話されました。


2017年12月11日



お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp